Q:胆管癌の経過が良い!!どう治療されたのです?

 

A: 御承知の如く、胆管癌は、胆汁が通る管で、大変治療が難し所です。 桶狭間の戦いで信長隊が今川義元軍に勝った。  大部隊でも 細い通路に入り込むと、少数精鋭の部隊に敗北してしまいます。
_逆に、癌細胞が、攻撃しにくい細い胆管に出来ますと、大群を率いた免疫細胞群でも、やっつける事が困難と成ります。 それ故、原発胆管癌領域を切除し、転移する胆管癌は、白血球に追跡させて、抗体で認識させた癌細胞をアポトーシスに誘導、癌細胞死を起こすと同時に、繊維芽細胞とコラーゲン繊維で囲い込み栄養と増殖因子を絶ち、囲い込みにて死滅化させます。  いわゆる、大海(肝臓、腹膜、リンパ節、肺、骨)へと転移したら、白血球軍と繊維芽細胞群で撃破するという段取りで行っています。 本人は元気で、新生児のお孫さんの世話をしています。

 
サイトメガロウイルス由来の胆管癌で、CA19-9 > AFP > HER2 > Span I が上昇する Type でした。今後は基本免疫療法と1倍速の囲い込みと丸山ワクチンを行いながら、発癌ウイルス減少化作戦を行っております。

 組織構築の制御技術を使えば、沢山の城攻めの方法が考えられて来ます。 総合病院で診断された症例1では、基本免疫療法、囲い込み療法、血栓塞栓療法を使いました。 それから、治りかけたら、原因の発癌ウイルス減少化作戦を行って行く事に成ります。

 肝・胆管・胆嚢・膵臓の左上図は、1)より引用。 

 また、たまたま症例2は、PSAが上昇する、胆管癌の症例で、PSA発現癌細胞の治療を行いましたら、ドンドン縮小し、PSAが下がって、治ったのでは、と思っているところです。 

ここで、重要な事は、いかなる癌であっても、最低限『 腫瘍マーカー癌検診24種 』をやっていると、簡単に治る癌を見逃さなくなります。、、と言う事です。

Reference
1) いつでも元気 2012.12 No.254、特集2 胆管がん 早期診断が難しく、治りにくい病気、阿南 陽二 https://www.min-iren.gr.jp/?p=7500

United-GEP 半端ないって!!もー 腫瘍マーカー(24種)癌検診半端ないって!! 超々早期の癌もめっちやトラップするもん!!

United GEP で組織構築の制御を行いますとこれまでの医学の概念からは、遥かに進んだ医療になっていきます。

例えば、糖尿病は、血管を20歳、若返らせますと、約10~20年前の状況に戻りますので、 約10~20年前糖尿病が発症してなかったら、治ってしまうことになります○  硬くなった血管を、コラーゲンを切る酵素の遺伝子を発現させ、中性脂肪を分解するbeta-酸化の回路を活性化し、更にコレステロールは血管内のコレステロールを肝臓で胆汁酸に変え、胆嚢に溜め、胆嚢を収縮させて腸管に捨てます。 腸管内のコレステロールは乳酸菌に取り込ませ、うんちとともに体外へ捨ててしまいます。

頸動脈エコーを現しています。 血管内及び血管の周囲にくっついたアテロームが、約6ヶ月で少なくなり、脈動も見えるようになりました。

急いで HbA1c を 11 から 7 へ下げたい場合は、3日かけて、

1日目は、細胞の生命維持装置(PPP)を動かしながら赤血球と白血球を正常な形にしてさらさらにし(特許取得済み)、中性脂肪を分解します。

2日目は、細胞の生命維持装置(PPP)を動かしながら赤血球と白血球を正常な形にしてさらさらにしたうえで、血小板を分解しますます。

3日目は、細胞の生命維持装置(PPP)を動かしながら赤血球と白血球を正常な形にしてさらさらにし、、中性脂肪を分解します。 これでHbA1c下がってしまいます。

高血圧は、 日本人の 8 割は脈圧(上の血圧-下の血圧)が 60~70以上の人で、上記の血管掃除をしたり、細胞の生命維持装置であるPPPを動かして血液をさらさらにすると同時に、血管内の塩分を紅茶を朝三杯、昼三杯飲んで、水分に塩を溶かし込ませて、おしっこに出してしまいます。

がんは、腫瘍マーカー癌検診24種で見逃しのない発見と経過を見ながらの治療をしています。 超々早期、超早期迄は、基本免疫( basic immuno-therapy: BIT )で治し。 早期 ~ 初期の 直経 1 cm 迄は、BIT + コラーゲン繊維による囲い込み( Environmental Therapy: ET ) + anti-VEGF Ab による新生血管の塞栓による兵糧攻めで城攻めを行って治しています。

     き基本免疫療法       囲い込み療法  血栓塞栓療法

二度と癌が発生しないためには、発癌ウイルス(EBV, HHV-6, CM, HTLV-1)に対して、さくらクリニック博多で開発済みのリセプターブロッカーとキャッピングを使っています。

中期、末期、ホスピスレベルは、BIT + ET + anti-VEGF Ab + [ ピンボイントX-線、重粒子線、陽子線、手術、静癌剤、等々あらゆる方法をもちいます。

最も多いパターンの前立腺がんは、こうすれば治る

全身の骨に転移してしまう事で有名な前立腺がんは、腫瘍マーカー癌検診24種を行うことで、早めに見つけることが出来ます。 癌細胞は常に増殖因子を分泌し、あちこちに Stand by している癌細胞に、一緒に増殖する事を勧めます。 そこで応じてきたのが、大腸癌(STN)、扁平上皮癌(SCC)、胃癌(HER2)、膵臓癌(Span 1)である。 勿論現段階では、超々早期の癌なので、免疫力を上げるだけで沈静化する事が多いです。 
前立腺がんの治療  組織構築の制御の基本は、初期のPSAを発現している癌細胞を、
Ⅰ: 囲い込みながら、
Ⅱ: 同時に癌細胞の表面抗原を L-Lysine で増強させ、B-Cell に抗体を作らせる。 浮遊している抗体は、癌細胞の当該表面抗原にくっつき次第、NK-細胞が抗体のシッポ(Heavy chain)を認識、正常細胞でないことが判ったら、パーフォリンで孔を開けて、グランザイムを注入し癌細胞のDNAを切断、アポトーシスに持って行く事で、癌細胞を死滅化誘導、となります。
この患者さんは、囲い込み療法を終了した途端に、癌細胞が増えていますが、今まで同時に続けていた、ザルティア・アボルブカプセルで抑制しながら、基本免疫療法を行っていると、236日目に良い抗体が出来てPSAが下がり始めました。 しかし405日目には、新たな抵抗勢力癌細胞出現しましたが、489日目には、とても良い抗体が出来、正常領域の12.3%迄下げている。

費用について

前立腺がん(初期~中期癌)の治療

 

肝臓に転移した乳癌術後の転移の治療に成功!

基本免疫療法、囲い込み療法、血栓塞栓療法を組み込んでいます。

さくら 桜花(仮名)さんのPHです。
H26 両側の乳癌が見つかる。
H26 左全摘リンパ節切除、右部分切除
H28,5 腹部に違和感あり、PET-CT検査で肝臓にφ3cmの腫瘤2個を認めた。
H28.6 ホルモン治療を開始(タモキシフェン)。
H28.6.11 腫瘍マーカー癌検診23種・治療目的にて当院(さくらクリニック博多)受診。
H28.6.11より、当院で組織構築の制御技術を使い、United-GEP ( Gene Expression Programming ) 療法のプログラムスタート。
① 基本免疫療法(BIT)
② 囲い込み療法(ET)
③ 血栓塞栓療法 (anti-VEGF Abを使用) H28.7.2~H29.4.1迄 300mgを3 週毎
④ 静癌剤治療(マイトマイシンC☆ を1週目:2mg, 2週目:2mg, 3週目:0mg)を行った。)
⑤ CSLEXがH29.5.13: 13.0 → H29.6.3: 15.0 → H29.6.24: 20.0 と成っています。
☆腫瘍細胞のDNAと結合し、二重鎖DNAへの架橋形成を介してDNAの複製を阻害し抗腫瘍効果を示すと考えられている。
☆抗癌剤はできるだけ使用しないようにして、特にポイントミューテーションを起こすのと、転移を促進するキナーゼ関係は出来るだけ使用しないようにして選んでいます。 理由: point mutationは、癌細胞を更に癌化し癌細胞膜の表面の抗原性が変わると、免疫細胞群と繊維芽細胞が変異癌を見つけるのに時間を要するからです。

背景の色// 赤: ホスピスレベル末期中期初期~、橙: 早期、黄: 超早期,淡い黄色: 超々早期、青色: 正常
来院時には、腫瘍マーカー癌検診23種を行い、追跡するマーカー4種を特定します。 それから、BIT,ET, Avastin で治療しまし、いわゆる抗癌剤は使用しておりません。 189日目から静癌剤: マイトマイシンC2mg(2,2,0)/weekを追加開始しています。

 来院時、再発乳癌で有名なCSLEX、 乳癌で有名なNCC-ST-439が上がっていましたが、433日目に肝臓の S7 と S5 を切除して、BIT と, ET にて経過が良いです。  ここで重要なことは、BIT, ET, antiVEGFAbを使っている時は、抗癌剤の必要は無かった、と言うことです。 少し上がり始めたら、先ずは丸山ワクチンで、糖鎖を出している癌細胞をアポトーシスに持って行きます。 更に、静癌剤(マイトマイシンC(2mg)を加えて、低下傾向をつづけさせます。
ところが、337日目を過ぎて、421日目までCSLEXが上昇しつづけましたので、433日目に Ope になりました。 その後は BIT, ETを行ってます。 ETには、縫合不全が起こるのを予防する作用も有ります。

初診後378日目のPET-CTの映像です。  まだ消滅しておりません。 S5, S                  Ope前と言うことです。

北九州国際会議場セミナー完治をめざすガン最先端治療17Oct21_14:30~

今週末です。 がんを日本から追放しましょう。
『 超々早期の癌 』 基本免疫(BIT)で治します。

『 超早期の癌    』 基本免疫(BIT) + と囲い込み(ET)で治します。

『 早期癌           』 基本免疫(BIT)、囲い込み(ET)、血栓塞栓療法、癌の膜の抗原性の増加 、NK-細胞の活性化で殆ど治します。

『 初期癌 < 直径 2 cm 』 BIT+ ET + ant-VEGF Ab + ( LPS + NK-細胞の活性化 Simple etc. 約85~90%を治す事をもくろみます。

『 初期癌 (75%)、中期癌 (65%)、末期癌は、50%を目指します、ホスピスレベルは10% の延命ないし緩解をもくろみます。 』 BIT、ET, NK-細胞の活性化 Complex、ant-糖鎖ワクチン、ペプチドワクチン/毎日100種類を目論見、癌の膜の抗原性の増加、ルンクスリンによるリンパ管転移の阻止を、放射線、PIN-point, 重粒子線、陽子線、ラジオ波など考えられる治療法全てで完治を目指します。

緊急ニュース 血液ドロドロの人が増えています!

Q: 血液ドロドロは、どうして増えたのですか?

一番多いのが、エコノミーシート症候群です。 椅子に座った状態で仕事が忙しいので、頑張ると、下肢に血液が渋滞し、Glutathione がみるみる不足し、五単糖リン酸経路(PPP)がまわなくなりますます。 PPPは、もともと細胞の生命維持装置なので、Glutathioneが少なくなると、白血球も赤血球も膨化し、毛細血管を通過する度に、細胞の破壊が起こり、更に、核も破壊し、核小体はしばらく残存します、そのうちに白血球由来の血小板が増加してきます。 大変なことで、早急には血栓症を引き起こしますが、ゆっくりと長く続きますと、免疫系が落ち、遂には癌の発症を食い止められなくなります。

立ち仕事を長く行いますと、下腿に渋滞した血液のGlutathione 濃度が低下し、やはり、核小体が残存する血小板が増加してきます。

また、血液ドロドロウイルス(EBV, HHV-6, CytoMegaro)の感染が、起こっていると、細胞内で、多くは白血球内で、盛んにウイルスのDNA, RNA, タンパク質の合成を行わなければならなくなります。 結果として、細胞のGlutathione の消費が増え、ついには不足し、細胞そのものが壊れやすくなり、このような増殖中の細胞が毛細血管の通過を繰り返しますと、結果は同じで、壊れた白血球がぞうかし、血小板化します。

いずれにしても、循環体操をして、B1,グルタチオン、セレニウム(元気錠)を摂取する事で、かなり復活します。 さらには、玉ねぎのアリシン、アサイベリーに含まれるルテイン、蕎麦のもやしに含まれるルチンを摂取するとそれなりに、復活することが出来ます。 それでもダメな時は、医師にバイアスピリン(小児用バファリン)、プラザキサの処方をしていただきましょう。 更に重症な場合は、フルクトラクト100ml + グルドパの点滴をしてもらいましょう。

MCFAN を使いますと、更に早めに血液ドロドロ状況を確認することが出来ます。

あべのハルカスセミナー”癌は治る時代” H28.9.16

Title  癌は治る時代です 初期から末期まで

時  2016年 9月16日 15:10~17:00

場所 大阪の、あべのハルカス 25 F カンファレンスルーム

連絡先 〒810-0004 福岡市中央区渡辺通1-1-1サンセルコ1F,  さくらクリニック博多 TEL 092-986-3351, FAX 092-986-4916

特別希望者には、全身の腫瘍マーカー癌検診23種を行えます。 セミナー特別価格 40,000円

全身の腫瘍マーカー癌健診23ΔPG

 

癌の治療で、Apoptosis[(アポトーシス)癌細胞の死滅化]の誘導は、どのようにして行うのですか?

A: さくらクリニック博多の治療方針が丸見えになってしまうので、教えたくないのですが、、、、

お答えします。 グラスノスチ (glasnost) は、大変重要ですかね!!

癌へのApoptosisの誘導dPG○1

_先ず、Fuzzy 推理により、癌に特異的な非対称分裂の過程で100匹に一匹は、死にかけた癌細胞が出現すると類推し、マクロファージが死にかけた癌細胞を追いかけて、捕食します。

_次に、Fuzzy推理により、マクロファージは、癌細胞に対する、抗原性を解析する手段として、食作用の本体であるマクロファージのタンパク分解酵素で、分解できなくて、正常細胞に無いペプチド鎖、糖鎖ペプチのド鎖にReverse-Signalpeptide 鎖( RS-Chain )を付けて、放出し伝達します。 ② LPS: Pant Care 菌のLipopolysaccharide は、EBV、CM, HHV-6 の遺伝子が DNA に組み込まれている細胞も破壊します。 

_Fuzzy 推理により、B-cell は、R-Signalpeptide-Chainを認識し、取り込み、抗原と成り得るペプチド鎖(約10~18個)にします。

_Fuzzy 推理により、そこで、Reverse-t-RNA が、ペプチド鎖にくっつき、AGCUからなる塩基配列( 30~54 bases )を繋ぎ合わせ、Signal-Peptideを切り離し、Another site のヌクレオチド配列が、

_Fuzzy推理により、利根川進のVariable region にハイブリダイズし、大きな分子に成った部分を残し、要らなくなったSequence は、Recombination により、切り外され、③特異性の高い抗体が作られる事と成る。

_マクロファージの活性化・④NK-細胞の活性化は、不思議と単一処方による活性化では、約 1 ヶ月しか続かないので、種々の分子を組み合わせ、1 ヶ月毎に変えて行います。 この様にすると、ほぼ17%~56%のNK-細胞、を維持できます。 (注意: 抗癌剤を使用しますと、NK-細胞を維持するのは困難な事が多いです。 それ故、さくらクリニック博多では、どうしても使わなければならなくなったら、常用量の1/10~2/3程度で効果の有る静癌剤を使います。)

①癌抗原性の増強、 ②マクロファージの活性化、

③糖鎖ワクチン(丸山ワクチン)、 ④NK-細胞の活性化

Q: 腫瘍マーカー癌検診で、なぜ早期癌より小さい癌を見つけれるのですか?

A: ポイントを突いた優れた質問ですね!!

北斗晶さんがTVで仰せられたように、保険診療でマネージメントされているがん検診では、安全期間は 約3ヶ月ですから、年間に 2~4 回検査を受けますと失敗が無い事になります。
さくらクリニック博多で開発された廉価(4万円)な腫瘍マーカーがん検診(23種)では、採血管として生化学3本と一般検血1本で、全身の癌をチェックできます。 安全期間は
家庭の主婦  6 ヶ月~2 年間
社員の場合  1 年間
社長等のストレスが高い人の場合 6ヶ月間
に一回で良いです。 ストレスの程度により決まると言う事になります。

特に、膵臓癌や、胆嚢・胆管癌は、見つかりにくく、腫瘍マーカー癌検診がお薦めですね。

ご承知のように、悪性の Cancer が産生する腫瘍マーカーは癌細胞が遺伝子発現を引き起こして作り出す、通常では見られないタンパク質が殆どです。 それ故、正常細胞が発現すると言う事は殆ど有りません。

桜花之条23種グラフA+Log_ページ_1  桜 花之条さんの場合5-S-CDが100%を超えているので、超早期の悪性黒色腫がある事を現しています。 足の裏の黒子によるものと考えられましたので、形成外科にて手術を受けてもらい、BIT + ET のDIVを行う事としました。

乳がん

CA72-4及び HER2が上昇していて、乳首より、出血が有った事より、乳がんが考えられます。 また、NSE と BFP も上昇している事より、小細胞肺がんの可能性も考えておきましょう。 さらに、ICTP も上昇している事より、超々早期のレベルで骨への転移が始まっていることも考えておきましょう。

治療は、基本免疫療法、囲い込み療法、血栓塞栓療法、癌細胞の抗原性増強、マクロファージの活性化、癌特異抗体解析誘導、NK-細胞の活性化、アポトーシス誘導による癌細胞死等を行い完治をめざしましょう。

さくらクリニック博多へ移動

United GEP (Gene Expression Programming)による末期乳癌の治療

 

ヨクトテクノロジーによる治療方針

御承知のように、癌は治すもので、完治を目標としなければいけません。

超超早期: さくらクリニック博多の免疫治療のみで、100個(匹)から針の先大約1万個までの癌細胞を消滅出来ます。(80%) 抗癌剤は使いません。

超早期: さくらクリニック博多の免疫治療のみで、針の先大約1万個~米粒大約100万個までの癌細胞を消滅出来ます。(80%) 時折繊維芽細胞とコラーゲン繊維による囲い込みやNK-細胞の活性化を行います。 抗癌剤は使いません。

早期: 血栓塞栓療法は、100万個以上の癌細胞の集団に有効です。 約2cmφ以下の癌細胞の塞栓療法に用いています。 この程度の大きさにUnited GEP療法を行いますと手術の必要はありません。(80%) 通常抗癌剤は使いません。

初期・中期: 手術後ないし、放射線処置後にUnited GEP療法を行い完治させます。(90%) 通常抗癌剤は使いません。

末期: 外科医に手術出来ませんと申し渡されたか、転移をしている癌が発見された人で、A) 2.5cmφ以上の大きさの癌細胞に対しては、少しでも効果のある抗癌剤で2cmφまで小さくすると、 or B) ピンポイントの X-ray 照射等の放射線治療、同時に血色を良くするUnited GEPによる基本免疫療法・癌細胞の囲い込み・血栓塞栓療法をしないと完治しません。(50%); 現在80%を治癒に持ち込む努力をしています。

  • Envelopment
  • Basic Immunotherapy
  • 血栓塞栓療法
  • 静癌剤 or 抗癌剤

‘Start
For Week=1 to 24
Every 3 weeks Thrombotic embolism (Avastin injection)
Between Avastin injections, Every 3 weeks FEC injection
For Saturday to Wednesday
Envelopment with collagen and activated elastin
Basic Immunotherapy
‘No medication on Thursday and Friday
Next Week
End
上の記述は体内では、並列処理されます。

  • 囲い込みとは、コラーゲンとエラスチンの遺伝子をアスコルビン酸で発現させ、ゼラチンをつくります。 次に、カルシウムをエラスチンのカルシウム結合サイト3ヶ所に結合させて活性化し目に見えるコラーゲン繊維を造り癌細胞を囲い込んで行きます(a)。
  • 白血球を薄くして血管内から外へ出して癌細胞をやっつけに行かせます。
  • VEGFに対する抗体を使い癌細胞に侵入している新生血管を塞栓します。
  • 1番か2番か3番目に効く抗癌剤を使い腫瘍を収縮させ囲い込みやすくします。
  1. Hideyasu Hirano, Kenichi Makino, Kenta Tomonaga, Keiichi Arashidani, Naoki Kunugita and Takumi YOSHIMIZU. Gene Expression Programming to Envelop Metastasized Cancer Cells by Commanding Adjacent Fibroblasts, The Journal of Showa Hospital, Vol. 3 (2006) No. 1 pp.89-99
  2. https://www.jstage.jst.go.jp/article/akanekai/3/1/3_1_89/_article/-char/ja/

乳癌の経過TMPG放射線専門医の報告内容です。

【所見】
ご紹介ありがとうございました。PET-CT施行して以下のように診断しました。
1)前回PET(2011.8.9)と比較しました。
右鎖骨上窩、両側肺門、縦隔、肝臓へのFDGの異常集積はほぼ完全に消失しています。
胸椎~腰椎を中心に散見された骨への集積も同定できません。
PET上での治療効果はCRと判断します。
2)両側肺野をはじめその他の部位にも明らかな異常集積は指摘できません。左喉頭に淡い集積が見られますが生理的なものと考えます。
以上報告します。今後もよろしくお願い致します。
【診断】
nosignificant abnormal uptake on PET-CT

PET-CTの画像

乳癌の経過PET-CTPGa      右頸部の転移巣                      消失

乳癌の経過PET-CTPGb       胸腔内の転移巣                     消失

乳癌の経過PET-CTPGc        肝臓への転移巣                    消失

乳癌の経過PET-CTPGd       腰椎への転移巣                     消失

乳癌の経過PET-CTPGe 右の大腿骨の骨頭部に転移を認めた。             消失

乳癌の経過PET-CTPGf

United-GEP 適用前 2011.8.9

乳癌の経過PET-CTPGg

United GEP 適用後 2012. 1.19 消失