Q:胆管癌の経過が良い!!どう治療されたのです?

 

A: 御承知の如く、胆管癌は、胆汁が通る管で、大変治療が難し所です。 桶狭間の戦いで信長隊が今川義元軍に勝った。  大部隊でも 細い通路に入り込むと、少数精鋭の部隊に敗北してしまいます。
_逆に、癌細胞が、攻撃しにくい細い胆管に出来ますと、大群を率いた免疫細胞群でも、やっつける事が困難と成ります。 それ故、原発胆管癌領域を切除し、転移する胆管癌は、白血球に追跡させて、抗体で認識させた癌細胞をアポトーシスに誘導、癌細胞死を起こすと同時に、繊維芽細胞とコラーゲン繊維で囲い込み栄養と増殖因子を絶ち、囲い込みにて死滅化させます。  いわゆる、大海(肝臓、腹膜、リンパ節、肺、骨)へと転移したら、白血球軍と繊維芽細胞群で撃破するという段取りで行っています。 本人は元気で、新生児のお孫さんの世話をしています。

 
サイトメガロウイルス由来の胆管癌で、CA19-9 > AFP > HER2 > Span I が上昇する Type でした。今後は基本免疫療法と1倍速の囲い込みと丸山ワクチンを行いながら、発癌ウイルス減少化作戦を行っております。

 組織構築の制御技術を使えば、沢山の城攻めの方法が考えられて来ます。 総合病院で診断された症例1では、基本免疫療法、囲い込み療法、血栓塞栓療法を使いました。 それから、治りかけたら、原因の発癌ウイルス減少化作戦を行って行く事に成ります。

 肝・胆管・胆嚢・膵臓の左上図は、1)より引用。 

 また、たまたま症例2は、PSAが上昇する、胆管癌の症例で、PSA発現癌細胞の治療を行いましたら、ドンドン縮小し、PSAが下がって、治ったのでは、と思っているところです。 

ここで、重要な事は、いかなる癌であっても、最低限『 腫瘍マーカー癌検診24種 』をやっていると、簡単に治る癌を見逃さなくなります。、、と言う事です。

Reference
1) いつでも元気 2012.12 No.254、特集2 胆管がん 早期診断が難しく、治りにくい病気、阿南 陽二 https://www.min-iren.gr.jp/?p=7500

Why Dr Hirano の免疫療法では、オプチーボ無しで完治を目指せるのですか?

発想が全く違う方法で行っているからです!!

第1が Programing-Based Medicine で有る事。 病理学的に異常な組織を正常にする、無くなった組織を組織構築のプログラムで作成し埋める
第2がオプチーボがPD-1を持った人約30%の人々対象なのに、United GEP  (Gene Expression Programming)は、100%の人々を対象にしています。
第3が生体を、自己修復能力のある超大型コンピューターとみなして、コマンドで制御しています。
第4が組織を構築するコマンドを全てのビタミン、ミネラル、生化学反応、医療技術をコマンド化して制御する事等々

(オプチーボ≒カイトルーダ)

PD-1 は、

United-GEP 半端ないって!!もー 腫瘍マーカー(24種)癌検診半端ないって!! 超々早期の癌もめっちやトラップするもん!!

United GEP で組織構築の制御を行いますとこれまでの医学の概念からは、遥かに進んだ医療になっていきます。

例えば、糖尿病は、血管を20歳、若返らせますと、約10~20年前の状況に戻りますので、 約10~20年前糖尿病が発症してなかったら、治ってしまうことになります○  硬くなった血管を、コラーゲンを切る酵素の遺伝子を発現させ、中性脂肪を分解するbeta-酸化の回路を活性化し、更にコレステロールは血管内のコレステロールを肝臓で胆汁酸に変え、胆嚢に溜め、胆嚢を収縮させて腸管に捨てます。 腸管内のコレステロールは乳酸菌に取り込ませ、うんちとともに体外へ捨ててしまいます。

頸動脈エコーを現しています。 血管内及び血管の周囲にくっついたアテロームが、約6ヶ月で少なくなり、脈動も見えるようになりました。

急いで HbA1c を 11 から 7 へ下げたい場合は、3日かけて、

1日目は、細胞の生命維持装置(PPP)を動かしながら赤血球と白血球を正常な形にしてさらさらにし(特許取得済み)、中性脂肪を分解します。

2日目は、細胞の生命維持装置(PPP)を動かしながら赤血球と白血球を正常な形にしてさらさらにしたうえで、血小板を分解しますます。

3日目は、細胞の生命維持装置(PPP)を動かしながら赤血球と白血球を正常な形にしてさらさらにし、、中性脂肪を分解します。 これでHbA1c下がってしまいます。

高血圧は、 日本人の 8 割は脈圧(上の血圧-下の血圧)が 60~70以上の人で、上記の血管掃除をしたり、細胞の生命維持装置であるPPPを動かして血液をさらさらにすると同時に、血管内の塩分を紅茶を朝三杯、昼三杯飲んで、水分に塩を溶かし込ませて、おしっこに出してしまいます。

がんは、腫瘍マーカー癌検診24種で見逃しのない発見と経過を見ながらの治療をしています。 超々早期、超早期迄は、基本免疫( basic immuno-therapy: BIT )で治し。 早期 ~ 初期の 直経 1 cm 迄は、BIT + コラーゲン繊維による囲い込み( Environmental Therapy: ET ) + anti-VEGF Ab による新生血管の塞栓による兵糧攻めで城攻めを行って治しています。

     き基本免疫療法       囲い込み療法  血栓塞栓療法

二度と癌が発生しないためには、発癌ウイルス(EBV, HHV-6, CM, HTLV-1)に対して、さくらクリニック博多で開発済みのリセプターブロッカーとキャッピングを使っています。

中期、末期、ホスピスレベルは、BIT + ET + anti-VEGF Ab + [ ピンボイントX-線、重粒子線、陽子線、手術、静癌剤、等々あらゆる方法をもちいます。

最も多いパターンの前立腺がんは、こうすれば治る

全身の骨に転移してしまう事で有名な前立腺がんは、腫瘍マーカー癌検診24種を行うことで、早めに見つけることが出来ます。 癌細胞は常に増殖因子を分泌し、あちこちに Stand by している癌細胞に、一緒に増殖する事を勧めます。 そこで応じてきたのが、大腸癌(STN)、扁平上皮癌(SCC)、胃癌(HER2)、膵臓癌(Span 1)である。 勿論現段階では、超々早期の癌なので、免疫力を上げるだけで沈静化する事が多いです。 
前立腺がんの治療  組織構築の制御の基本は、初期のPSAを発現している癌細胞を、
Ⅰ: 囲い込みながら、
Ⅱ: 同時に癌細胞の表面抗原を L-Lysine で増強させ、B-Cell に抗体を作らせる。 浮遊している抗体は、癌細胞の当該表面抗原にくっつき次第、NK-細胞が抗体のシッポ(Heavy chain)を認識、正常細胞でないことが判ったら、パーフォリンで孔を開けて、グランザイムを注入し癌細胞のDNAを切断、アポトーシスに持って行く事で、癌細胞を死滅化誘導、となります。
この患者さんは、囲い込み療法を終了した途端に、癌細胞が増えていますが、今まで同時に続けていた、ザルティア・アボルブカプセルで抑制しながら、基本免疫療法を行っていると、236日目に良い抗体が出来てPSAが下がり始めました。 しかし405日目には、新たな抵抗勢力癌細胞出現しましたが、489日目には、とても良い抗体が出来、正常領域の12.3%迄下げている。

費用について

前立腺がん(初期~中期癌)の治療

 

肝臓に転移した乳癌術後の転移の治療に成功!

基本免疫療法、囲い込み療法、血栓塞栓療法を組み込んでいます。

さくら 桜花(仮名)さんのPHです。
H26 両側の乳癌が見つかる。
H26 左全摘リンパ節切除、右部分切除
H28,5 腹部に違和感あり、PET-CT検査で肝臓にφ3cmの腫瘤2個を認めた。
H28.6 ホルモン治療を開始(タモキシフェン)。
H28.6.11 腫瘍マーカー癌検診23種・治療目的にて当院(さくらクリニック博多)受診。
H28.6.11より、当院で組織構築の制御技術を使い、United-GEP ( Gene Expression Programming ) 療法のプログラムスタート。
① 基本免疫療法(BIT)
② 囲い込み療法(ET)
③ 血栓塞栓療法 (anti-VEGF Abを使用) H28.7.2~H29.4.1迄 300mgを3 週毎
④ 静癌剤治療(マイトマイシンC☆ を1週目:2mg, 2週目:2mg, 3週目:0mg)を行った。)
⑤ CSLEXがH29.5.13: 13.0 → H29.6.3: 15.0 → H29.6.24: 20.0 と成っています。
☆腫瘍細胞のDNAと結合し、二重鎖DNAへの架橋形成を介してDNAの複製を阻害し抗腫瘍効果を示すと考えられている。
☆抗癌剤はできるだけ使用しないようにして、特にポイントミューテーションを起こすのと、転移を促進するキナーゼ関係は出来るだけ使用しないようにして選んでいます。 理由: point mutationは、癌細胞を更に癌化し癌細胞膜の表面の抗原性が変わると、免疫細胞群と繊維芽細胞が変異癌を見つけるのに時間を要するからです。

背景の色// 赤: ホスピスレベル末期中期初期~、橙: 早期、黄: 超早期,淡い黄色: 超々早期、青色: 正常
来院時には、腫瘍マーカー癌検診23種を行い、追跡するマーカー4種を特定します。 それから、BIT,ET, Avastin で治療しまし、いわゆる抗癌剤は使用しておりません。 189日目から静癌剤: マイトマイシンC2mg(2,2,0)/weekを追加開始しています。

 来院時、再発乳癌で有名なCSLEX、 乳癌で有名なNCC-ST-439が上がっていましたが、433日目に肝臓の S7 と S5 を切除して、BIT と, ET にて経過が良いです。  ここで重要なことは、BIT, ET, antiVEGFAbを使っている時は、抗癌剤の必要は無かった、と言うことです。 少し上がり始めたら、先ずは丸山ワクチンで、糖鎖を出している癌細胞をアポトーシスに持って行きます。 更に、静癌剤(マイトマイシンC(2mg)を加えて、低下傾向をつづけさせます。
ところが、337日目を過ぎて、421日目までCSLEXが上昇しつづけましたので、433日目に Ope になりました。 その後は BIT, ETを行ってます。 ETには、縫合不全が起こるのを予防する作用も有ります。

初診後378日目のPET-CTの映像です。  まだ消滅しておりません。 S5, S                  Ope前と言うことです。

Q: 膵臓癌が治ったと聞いたのですが?

A:  そうです。 膵臓癌は治る時代になりましたよ!   学会発表の内容の抜粋です。

United Gene Expression Programming による、組織構築の制御理論を使うと、簡単に治す事が出来るようになりました。 しかし、出来てみると簡単ですが、ここまで来るのに、 大変でした。

U-GEP for Pancreas PG 重要な事は、基本免疫療法(BIT)と囲い込み療法(ET)は、生体内で Parallel プログラムとして、常時動かしていなければならない事(並行処理の具象)でした。

もし興味がある方は、聞きに来て下さい。  医師の方でしたら、弟子入りOK ! ! 研修期間は一日壱万円の受講料を差し上げています。 092-986-3351

完治をめざすGene Expression Programming による膵臓癌の治療 ○平野英保1,3)、植松 稔2)、朝長健太3)、本田勝定3) 産業医科大学薬理学1)、UASオンコロジークリニック2)、 さくらクリニック博多3) -1行スペースを開けてから本文を開始(推奨)- 本文12ポイント、22行(推奨) 【目的・背景】膵臓癌は、手術の成功率が15%と極めて低く、予後が悪い事が知られています。しかも、手術が成功してからの抗癌剤の効果もうすく延命に至らない事が多い。 そこで組織構築制御理論United Gene Expression Programmingを適用する事にした。 【方法】Gene Expression Programming の、基本免疫療法(BIT)と囲い込み療法(ET)を行った後に、1例目には、従来道理ピンポイントX-線(PPXIr)を照射した後に抗癌剤治療を行った。 2例目には、PPXIrを20回照射し、空き時間帯にBIT + ET を2~3回/週行った。 【結果】1例目は、PPXIr 中の肝転移で2ヶ月後に他界。 2例目は腫瘍陰影は消え生存。 【結論】膵臓癌の治療は、治療の開始から、放射線治療中にも、治療後も基本免疫療法と囲い込み療法を行わないと完治は望めない事が判った。 【考察】1例目は基本目免疫療法と囲い込み療法に時間を掛けすぎ、点滴に飽きられてしまい、PPXIrによる放射線治療中のBIT + ETの受け入れが出来なかった。 United Gene Expression Programming は、人の体を最高級の生物コンピューターとみなし、コマンドをビタミンやミネラルやサプリメントや薬剤や医療技術で書いて、時間軸で実行していく技術です。 United-GEP のコマンド群 Biochemical Expression Programming, Gene Expression Programming, Medicine Expression Programming, Hormone Expression Programming, and Medical Technic を使えば、難治性の癌も良いプログラムで治る可能性が示唆された。 産業医科大学で開催される、2014年11月23日AM11時49分に第67会日本薬理学会西南部会で、今まで死を免れなかった膵臓癌の完治法について、世界初の発表でした。

その後大腸がんの施術後も囲い込み療法を行い、今も元気に過ごしてられます。

さくらクリニック博多の門外不出のプロクラム制御技術です。

しょうさいです。