最も多いパターンの前立腺がんは、こうすれば治る

全身の骨に転移してしまう事で有名な前立腺がんは、腫瘍マーカー癌検診24種を行うことで、早めに見つけることが出来ます。 癌細胞は常に増殖因子を分泌し、あちこちに Stand by している癌細胞に、一緒に増殖する事を勧めます。 そこで応じてきたのが、大腸癌(STN)、扁平上皮癌(SCC)、胃癌(HER2)、膵臓癌(Span 1)である。 勿論現段階では、超々早期の癌なので、免疫力を上げるだけで沈静化する事が多いです。 
前立腺がんの治療  組織構築の制御の基本は、初期のPSAを発現している癌細胞を、
Ⅰ: 囲い込みながら、
Ⅱ: 同時に癌細胞の表面抗原を L-Lysine で増強させ、B-Cell に抗体を作らせる。 浮遊している抗体は、癌細胞の当該表面抗原にくっつき次第、NK-細胞が抗体のシッポ(Heavy chain)を認識、正常細胞でないことが判ったら、パーフォリンで孔を開けて、グランザイムを注入し癌細胞のDNAを切断、アポトーシスに持って行く事で、癌細胞を死滅化誘導、となります。
この患者さんは、囲い込み療法を終了した途端に、癌細胞が増えていますが、今まで同時に続けていた、ザルティア・アボルブカプセルで抑制しながら、基本免疫療法を行っていると、236日目に良い抗体が出来てPSAが下がり始めました。 しかし405日目には、新たな抵抗勢力癌細胞出現しましたが、489日目には、とても良い抗体が出来、正常領域の12.3%迄下げている。

費用について

前立腺がん(初期~中期癌)の治療

 

最も多いパターンの前立腺がんは、こうすれば治る” への1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です