癌の治療で、Apoptosis[(アポトーシス)癌細胞の死滅化]の誘導は、どのようにして行うのですか?

A: さくらクリニック博多の治療方針が丸見えになってしまうので、教えたくないのですが、、、、

お答えします。 グラスノスチ (glasnost) は、大変重要ですかね!!

癌へのApoptosisの誘導dPG○1

_先ず、Fuzzy 推理により、癌に特異的な非対称分裂の過程で100匹に一匹は、死にかけた癌細胞が出現すると類推し、マクロファージが死にかけた癌細胞を追いかけて、捕食します。

_次に、Fuzzy推理により、マクロファージは、癌細胞に対する、抗原性を解析する手段として、食作用の本体であるマクロファージのタンパク分解酵素で、分解できなくて、正常細胞に無いペプチド鎖、糖鎖ペプチのド鎖にReverse-Signalpeptide 鎖( RS-Chain )を付けて、放出し伝達します。 ② LPS: Pant Care 菌のLipopolysaccharide は、EBV、CM, HHV-6 の遺伝子が DNA に組み込まれている細胞も破壊します。 

_Fuzzy 推理により、B-cell は、R-Signalpeptide-Chainを認識し、取り込み、抗原と成り得るペプチド鎖(約10~18個)にします。

_Fuzzy 推理により、そこで、Reverse-t-RNA が、ペプチド鎖にくっつき、AGCUからなる塩基配列( 30~54 bases )を繋ぎ合わせ、Signal-Peptideを切り離し、Another site のヌクレオチド配列が、

_Fuzzy推理により、利根川進のVariable region にハイブリダイズし、大きな分子に成った部分を残し、要らなくなったSequence は、Recombination により、切り外され、③特異性の高い抗体が作られる事と成る。

_マクロファージの活性化・④NK-細胞の活性化は、不思議と単一処方による活性化では、約 1 ヶ月しか続かないので、種々の分子を組み合わせ、1 ヶ月毎に変えて行います。 この様にすると、ほぼ17%~56%のNK-細胞、を維持できます。 (注意: 抗癌剤を使用しますと、NK-細胞を維持するのは困難な事が多いです。 それ故、さくらクリニック博多では、どうしても使わなければならなくなったら、常用量の1/10~2/3程度で効果の有る静癌剤を使います。)

①癌抗原性の増強、 ②マクロファージの活性化、

③糖鎖ワクチン(丸山ワクチン)、 ④NK-細胞の活性化

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です