United GEP (Gene Expression Programming)による末期乳癌の治療

 

ヨクトテクノロジーによる治療方針

御承知のように、癌は治すもので、完治を目標としなければいけません。

超超早期: さくらクリニック博多の免疫治療のみで、100個(匹)から針の先大約1万個までの癌細胞を消滅出来ます。(80%) 抗癌剤は使いません。

超早期: さくらクリニック博多の免疫治療のみで、針の先大約1万個~米粒大約100万個までの癌細胞を消滅出来ます。(80%) 時折繊維芽細胞とコラーゲン繊維による囲い込みやNK-細胞の活性化を行います。 抗癌剤は使いません。

早期: 血栓塞栓療法は、100万個以上の癌細胞の集団に有効です。 約2cmφ以下の癌細胞の塞栓療法に用いています。 この程度の大きさにUnited GEP療法を行いますと手術の必要はありません。(80%) 通常抗癌剤は使いません。

初期・中期: 手術後ないし、放射線処置後にUnited GEP療法を行い完治させます。(90%) 通常抗癌剤は使いません。

末期: 外科医に手術出来ませんと申し渡されたか、転移をしている癌が発見された人で、A) 2.5cmφ以上の大きさの癌細胞に対しては、少しでも効果のある抗癌剤で2cmφまで小さくすると、 or B) ピンポイントの X-ray 照射等の放射線治療、同時に血色を良くするUnited GEPによる基本免疫療法・癌細胞の囲い込み・血栓塞栓療法をしないと完治しません。(50%); 現在80%を治癒に持ち込む努力をしています。

  • Envelopment
  • Basic Immunotherapy
  • 血栓塞栓療法
  • 静癌剤 or 抗癌剤

‘Start
For Week=1 to 24
Every 3 weeks Thrombotic embolism (Avastin injection)
Between Avastin injections, Every 3 weeks FEC injection
For Saturday to Wednesday
Envelopment with collagen and activated elastin
Basic Immunotherapy
‘No medication on Thursday and Friday
Next Week
End
上の記述は体内では、並列処理されます。

  • 囲い込みとは、コラーゲンとエラスチンの遺伝子をアスコルビン酸で発現させ、ゼラチンをつくります。 次に、カルシウムをエラスチンのカルシウム結合サイト3ヶ所に結合させて活性化し目に見えるコラーゲン繊維を造り癌細胞を囲い込んで行きます(a)。
  • 白血球を薄くして血管内から外へ出して癌細胞をやっつけに行かせます。
  • VEGFに対する抗体を使い癌細胞に侵入している新生血管を塞栓します。
  • 1番か2番か3番目に効く抗癌剤を使い腫瘍を収縮させ囲い込みやすくします。
  1. Hideyasu Hirano, Kenichi Makino, Kenta Tomonaga, Keiichi Arashidani, Naoki Kunugita and Takumi YOSHIMIZU. Gene Expression Programming to Envelop Metastasized Cancer Cells by Commanding Adjacent Fibroblasts, The Journal of Showa Hospital, Vol. 3 (2006) No. 1 pp.89-99
  2. https://www.jstage.jst.go.jp/article/akanekai/3/1/3_1_89/_article/-char/ja/

乳癌の経過TMPG放射線専門医の報告内容です。

【所見】
ご紹介ありがとうございました。PET-CT施行して以下のように診断しました。
1)前回PET(2011.8.9)と比較しました。
右鎖骨上窩、両側肺門、縦隔、肝臓へのFDGの異常集積はほぼ完全に消失しています。
胸椎~腰椎を中心に散見された骨への集積も同定できません。
PET上での治療効果はCRと判断します。
2)両側肺野をはじめその他の部位にも明らかな異常集積は指摘できません。左喉頭に淡い集積が見られますが生理的なものと考えます。
以上報告します。今後もよろしくお願い致します。
【診断】
nosignificant abnormal uptake on PET-CT

PET-CTの画像

乳癌の経過PET-CTPGa      右頸部の転移巣                      消失

乳癌の経過PET-CTPGb       胸腔内の転移巣                     消失

乳癌の経過PET-CTPGc        肝臓への転移巣                    消失

乳癌の経過PET-CTPGd       腰椎への転移巣                     消失

乳癌の経過PET-CTPGe 右の大腿骨の骨頭部に転移を認めた。             消失

乳癌の経過PET-CTPGf

United-GEP 適用前 2011.8.9

乳癌の経過PET-CTPGg

United GEP 適用後 2012. 1.19 消失

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です