200mmHg前後の高血圧症の新しい急速降下治療法の開発

本人が、自分は約10年前に高血圧症と言われて放置していた患者さんが、来院されました。 さくらクリニック博多の前に設置してある血圧計で、測定して、

の結果を得てました。 230mmHg を超えると極めて危険なので、即、下記の点滴を行いました。

ラクテック500ml+
▢20%ブドウ糖20ml+
▢ジアイナミックス20ml+
▢タチオン200mg+
▢パンテニール0.1A(1mg)+
▢プリンペラン0.5A(5mg)+
▢Asucorbicacid 100mg +
▢ラシックス(20mg)x2A=40mg
を行いました。
約90分後DIVは終了したので、ABIと血液サラサラドロドロののMCFANを行ったのが下記の図です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です