完治をめざす悪性リンパ腫のUnited GEP による最先端治療の症例

☆ステージIVで、悪性リンパ腫が全身に広がり、リンパ組織以外の臓器にもがん細胞が転移しています。 5 年生存率は、年齢やステージによって異なり、ステージIVで約50%となっています。 R-CHOP+基本免疫+囲い込みを行いました。 対数表示(上)と%活性表示(下)です。

%表示
☆IL-2Rを初め、一定期間がん細胞のCarrier の状況が続きますと上昇してくるCA72-4も次第に下がって来ています。 殆どの腫瘍マーカーが,超早期の領域へ下がって来ている。 マイナスの治療期間は、他の病院で抗癌剤R-CHOPを受けていた。 H29.9月現在、sIL-2Rは、超々早期の状態まで下がっています。

☆United GEPによる治療の基本は、リンパ腫細胞にだけにコラーゲン遺伝子を発現させ、コラーゲンが表面に出てきたら、脾臓ないし転移組織で、タラップし、更に囲い込み、がん化したリンパ腫のみを死滅化へと導く。 奇想天外な発想は、がん化したリンパ腫の細胞そのものに、死滅の手伝いさせるという治療である。 腫瘍マーカー値が、正常値上限の40%未満を、完治と考えていますが、超々早期にまで減少してきたら、基本免疫療法に移行して、免疫機能を正常にまで導いて行く治療に変更します。 いわゆる、普通の人と同じになります。

悪性リンパ腫に限らず、すべての白血病に応用できる方法です。 白血病細胞は遺伝子発現のルールが狂っているので、コラーゲンを発現しなさいのコマンドに従う。

R-CHOPとは、使う薬を英語で表記したときの最初の文字を取った呼び方です。
R … リツキシマブ(商品名「リツキサン」):抗体医薬です。点滴で行います。
C … シクロホスファミド(商品名「エンドキサン」):抗がん剤です。これも点滴。
H … 塩酸ドキソルビシン(アドリアマイシン、商品名「アドリアシン」):抗がん剤です。静脈注射です。
O … 硫酸ビンクリスチン(商品名「オンコビン」):抗がん剤です。静脈注射です。
P … プレドニゾロン(商品名「プレドニン」):ステロイドの飲み薬です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です