重要ですよ!細胞の生命維持装置: 五単糖リン酸経路

生物には、生命をつかさどる、呼吸、心拍動、脳活動があります。 同様に、細胞にも生命維持装置があります。 人に進化してきた細胞は、カリオブラステアと考えられています。

カリオブラステアミトコンドリア

地球には、酸素がなかったので、カリオブラステアは、B1・グルタチオン・セレニウム etc.で動く五単糖リン酸経路で生きていました。

その後シアノバクテリアが、酸素発生型光合成で、電子を水から得てCO2を還元し、水を酸化分解して酸素を多量に発生しました。 酸素が増加してきた頃にバクテリアであるミトコンドリアが出現しており、B1、B2、B6、B12 で活動していたと考えられます。

進化の長い過程で、たまたま変異したミトコンドリアがカリオブラステアに感染し、通常は宿主内で増殖しては、細胞を破壊して出てくるはずなのに、住み着いてしまった合体株が現在の人になって居るということになります。 五単糖リン酸経路で、mRNAやDNAの原料を産生し、ミトコンドリアが、神経や筋肉のエネルギーを産生していることになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です