研究業績



原著

著 書 (国外欧文) | 著 書 (国内欧文) | 著 書 (国内邦文)
シンポジウム | 国際学会一般演題
総 説


原著

Hirano H, Higashi K, Sakamoto Y:
DNA Polymerase in Nucleoli Isolated from Ehrlich Ascites Tumor Cells
Biochem Biophys Res Comm 67, 518-524,1975

Takatsuka Y, Kohno M, Hirano H, Higashi K, Sakamoto Y:
Redistribution of Chromatin Containing Ribosomal Cistrons During Liver Regeneration
Exptl Cell Res 103:191-199, 1976

Higashi K, Hanasaki N, Nakanishi A, Shimomura E, Hirano H, Gotoh S, Sakamoto Y:
Difference in Susceptibility to Sonication of Chromatins Containing Transcriptionally Active and Inactive Ribosomal Genes
Biochim Biophys Acta 520: 612-6228,1978

Hirano H, Nakanishi A, Sakamoto Y, Gotoh H, Sakamoto Y, Higashi K:
Comparisons of the DNA and RNA Biosynthetic Activities and Nucleolar Organization in Rat Liver Nuclei with Different Ploidy
Biomedical Res 2: 307-315, 1981

Hirano H, Nakanishi A, Sakamoto Y, & Higashi K:
Further Characterization of DNA Polymerases in Nucleoli of Ehrlich Ascites Tumor Cells
Journal of University of Occupational and Enviromental Health 3: 181-190, 1981

Gotoh S, Hirano H, Higashi K, Shimomura E, Nakanishi A, Sakamoto Y:
Reproduction of Nucleolar Chromatins in Mouse Cells is not Associated with Disorganization of Nucleoli
Cell Str Funct 6: 111-119, 1981

Hirano H, Higashi K:
Contents of DNA Polymerases in Nucleoli and Nucleolar Chromatins of Ehrlich Ascites Tumor Cells
Journal of University of Occupational and Enviromental Health 3: 191-201, 1981

Obara M, Hirano H, Higashi K.
Purification and Characterization of Nucleolar Ribonucleic Acid Methylase from Ehrlich Ascites Tumor Cells of Mice
Biochemistry, 21: 1374-1380, 1982


Hirano H, Yamada Y, Sullivan M, Crombrugghe B, Pastan I, Yamada KM:
Isolation of Genomic DNA Clones Spanning the Entire Fibronectin Gene
Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 80: 46-50, 1983
ファイブロネクチンの遺伝子の構造を初めて明らかにした。 鶏のファイブロネクチンの遺伝子は、48個のエクソンから成り、最初と最後のエクソン以外は、147±37 base pairs と、殆ど同じ長さで、遺伝子の進化が、gene duplications により行われている可能性が示唆された。 また reverse transcriptase は、mRNA がヘアピンループを形成した時読み間違いを起こしていたことも分かった。


Tyagi SJ, Hirano H, Merlino TG, Pastan I:
Transcriptional Control of the Fibronectin Gene in Chick Embryo FibroblastsTransformed by Rous Sarcoma Virus
J. Biol. Chem. 258: 5787-5793, 1983
Rous sarcoma virus でトランスフォームした chick embryo fibroblasts では、ファイブロネクチンの遺伝子の発現が抑制されている (Fagan, J.B., et al (1981) J. Biol. Chem. 256, 520-525)。 そこで、ファイブロネクチンの遺伝子全体のクローンに、 nuclear run off assay を行い [32P]RNA を使用してリバースサザンブロッティングを行った。 ファイブロネクチンの遺伝子の発現は全ての領域で同じであるとは限らなかった。 なんらかの因子による転写制御因子存在の可能性が示唆された。 後に、Alternative splicing の発見に繋がる。

Tyagi SJ, Hirano H, Pastan I:
Modulation of fibronectin gene activity in chick embryo fibroblasts transformed by a temperature-sensitive strain (ts68) of Rous sarcoma virus
Nucleic Acids Res. 13: 8275-8284, 1985
ファイブロネクチンの遺伝子の転写制御を温度感受性株のラウスザルコーマでトランスフォームして作成した鶏の線維芽細胞で見てみると、温度変移後の遺伝子発現への影響が5時間と長いことより、ファイブロネクチンの遺伝子発現に対しては、 p60src は間接的に働いていることが分かった。

Ikeuchi K, Obara M, Hirano H, Gotoh S, Higashi K:
Heme Metabolism and Turnover of Cytochrome P-450 in Tumor-Bearing Mouse Liver
Journal of University of Occupational and Enviromental Health, 7: 269-277, 1985

Higashi K, Ikeuchi K, Obara M, KARASAKI Y, Hirano H, Gotoh S, Koga Y:
Purification of a Single Major Form of Microsomal Cytochrome P-450 from Tulip Bulbs (Tulipa gesneriana L.)
Agric. Biol. Chem. 48: 2399-2405, 1985

Ohta T, Yoshida M, Nagano K, Hirano H, Kawamura M.
Structure of the Extra-membranous Domain of the β-subunit of (Na,K)- ATPase Revealed by the Sequences of its Tryptic Peptides
FEBS Letter, 204: 297-301, 1986

Taniguchi H, Hirano H, Kubomura S, Mizuguchi Y.
Comparison of the nucleotide sequences of the genes for the thermostable direct hemolysin and the thermolabile hemolysin from Vibrio parahaemolyticus
Microbial Pathogesesis 1: 425-432, 1986


Kubomura S, Obara M, Karasaki Y, Taniguchi H, Gotoh S, Tsuda T, Higashi K, Ohsato K, Hirano H:
Genetic analysis of the cell binding domain region of the chicken fibronectin gene
Biochimica et Biophysica Acta 910: 171-181, 1987
鶏のファイブロネクチンの細胞結合ドメイン領域の遺伝子の塩基配列の決定を高速 Maxam-Gilbert 法で行った。 4.3 kb HindIII/EcoRI セグメントに-GRGDS-の細胞結合ドメインが存在した。 遺伝子の進化をコンピューターで調べると(Hirano-H et al, GENE grade III) 典型的な tiny gene duplication (12-18 bp) により進化してきたことが分かった。 即ち、ファイブロネクチンは、もとは highly reptitious DNA で有ったことが示唆された。 細胞結合ドメイン領域はそのすぐ横の遺伝子の tiny gene duplication で有ることが示唆された。 このような進化の法測はエイズウィルスにも高頻度に認められいる。

Tsuda T, Obara M, Hirano H, Gotoh S, Kubomura K, Higashi K, Kuroiwa A, Nakagawara A, Shimizu K:
Analysis of N-myc Amplification in Relation to Disease Stage and Histologic Types in Human Neuroblastomas.
Cancer 60: 820-826, 1987


Nimmer D, Bergtrom G, Hirano H, Amrani DL:
Regulation of Plasma Fibronectin Biosynthesis by Glucocorticoids in Chick Hepatocyte Culture
J Biol Chem 262:10369-10375, 1987
培養肝細胞に対して、dexamethasone or corticosterone を添加すると、約 2.8 倍にプラズマファイブロネクチンが分泌されてきた。 抜くと18時間後に通常レベルまで戻った。スロットブロット解析では、6時間後に上昇しその後減少傾向を示した。 2−Dゲル電気泳動にては、ファイブロネクチンとフィブリノーゲンが減少したが、アルブミンとトランスフェリンは、変化しなかった。

Karasaki Y, Hirano H, Higashi K:
Inhibition os Single and Double-Stranded DNA-Dependent ATPase of RecA Protein by ATP Ribose-Modified Analogs.
Journal of University of Occupational and Enviromental Health 9: 141-147, 1987

Karasaki Y, Gotoh S, Kubomura S, Higashi K, Hirano H:
Nucleotide Sequence Analysis of the DNA Binding Region of the Chicken Fibronectin Gene.
Journal of University of Occupational and Enviromental Health 10: 357-363, 1988

Katoh T, Yuji Karasaki Y, Hirano H, Gotoh S, Higashi K:
Transloction of protein kinase C to membranes Induced by TNF does not cause the inhibition of EGF binding to human wish cells.
Biochem Biophys Res Comm 168: 690-695, 1990

Ohmori H, Murakami T, Furutani A, Higashi K, Hirano H, Gotoh S, Kuroiwa A, Masui A, Nakamura T, Amalric F:
Simultaneous Activation of Heat Shock Protein (hsp 70) and Nucleolin Genes during in vivo and in vitro: Prereplicative Stages of Rat Hepatocytes.
Exptl Cell Res, 189: 227-232, 1990

Taniguchi H, Kubomura S, Hirano H, Mizue K, Ogawa M, Mizuguchi Y.
Cloning and characterization of a gene encoding a new thermostable hemolysin from Vibrio parahaemolyticus.
FEMS Microbiology Letters 67: 339-346, 1990


Utsumi K, Sawada M, Narumiya S, Nagamine J, Sakata T, Iwagami S, Kita Y, Teraoka H, Hirano H, Ogata M, Hamaoka T, Fujiwara H:
Adhesion of immature thymocytes to thymic stromal cells through fibronectin molecules and its significance for the induction of thymocyte differentiation.
Proc Natl Acad Sci USA 88: 5685-5689, 1991
ファイブロネクチンにある細胞結合ドメインGRGDSPと、新しく見いだした、V10 (GPEILDVPST) はファイブロネクチンの接着性をつかさどっているだけでなく、V10 は、胸腺細胞CD4-8- (double-negative) の分化誘導に関与していることを見出した。

Mita T, Sashihara S, Aramaki I, Fueta Y, Hirano H:
Unusual Biochemical Development of Genetically Seizure-Susceptible EL mice
Developmental Brain Res 64: 27-35, 1991

Yano O, Hirano H, Karasaki Y, Higashi K, Nakamura H, Akiya S, Gotoh S.
Cloning and Sequencing of Viral Integration Site in Human Fibroblasts Immortalized by Simian Virus 40
Cell Struc Function 16: 63-71, 1991

Ohmori H, Abe T, Hirano H, Murakami T, Katoh T, Gotoh S, Kido M, Kuroiwa A, Nomura T, Higashi K:
Comparison of Ki-ras gene mutation among simultaneously occurring multiple urethan-induced lung tumors in individual mice.
Carcinogenesis 13: 851-855, 1992

Shibata K, Mita T, Nakamura H, Yamashiro K, Gotoh S, Hiranuma K, Higashi K, Hirano H:
An attempt to substitute the cell binding domain of human fibronectin in λ-phage J protein: Computer design and expression.
Biochimie 75: 459-465, 1993
ファイブロネクチンのリセプターに結合するリコンビナント蛋白質の遺伝子発現をλファージの尾の J protein 上で行い活性を見た。 細胞結合ドメインを J protein に入れ込む領域をコンピューターで割り出し発現ベクターにて人のファイブロネクチンの細胞結合ドメイン(CBD)を持つ J protein の置換蛋白(JCBD)として作った。 細胞表面のリセプターとの特異的結合は、GRGDS ペプチドで阻害され, GRGES ペプチドで疎外されなかった事より証明。 また、ファイブロネクチンの CBD は、システインのない Type III リピートのなかで活性を保持しているが、システインを多く含む蛋白質 J protein 中にクローン化した JCBD も細胞結合活性を保持していた。 立体構造を置換蛋白として出来うる限り一致させることにより、機能を保持できることが分かった。

Okamoto K, Hirano H, Isohashi F:
Molecular Cloning of Rat Liver Glucocorticoid-Receptor Translocationpromoter.
Biochem Biophys Res Comm 193: 848-854, 1993
ファイブロネクチンは、グルココルチコイドで減少することが分かったが、このグルココルチコイドのリセプターは、ATP-stimulated Glucocorticoid-Receptor Translocationpromoter (ASTP) により影響を受け、 プロモーターに GRE(glucocorticoid responsive element)を有する遺伝子群の発現を促進する。 この ASTP 遺伝子の構造を明らかにした。

Hiranuma K, Hirata K, Abe T, Hirano T, Matsuno K, Hirano H, Suzuki K, Higashi K:
Induction of Mitochondrial Chaperonin Hsp60, by Cadmium in Human Hepatoma Cells.
Biochem Biophys Res Comm 194531-536, 1993


Nakamura H, Hirata K, Yamashiro K, Hiranuma K, Shibata K, Higashi K, Morita T, Hirano H:
Increase of Hepatic mRNAS of Profilin, Actin and Extracellular Matrix Proteins after Carbon Tetrachloride Treatment and Partial Hepatectomy in Rats.
Biochem Biophys Res Comm 198: 568-873, 1994
ファジィセットクローニング法(Hirano H et al, Biomedical Fuzzy and Human Science 2:19-24, 1996)で得られたプロフィリンを使用し四塩化炭素肝硬変の遺伝子発現の解析を行った。細胞外マトリックスの遺伝子の発現は、四塩化炭素注射後プロフィリンが先ず先行し次にアクチン、ファイブロネクチンとつづき最後に Type IV コラーゲンが上昇してきた。 肝硬変が出来上がるまでの長期にわたる遺伝子発現では、プロフィリンは、初期より持続的に上昇していた。ファイブロネクチンは上昇しては下がりの波打ち現象が認められた。コラーゲンは末期になるほど強く出現しており、特に Type IV コラーゲンでその傾向が強かった。

Abe T, Konishi T, Katoh T, Hirano H, Matsukuma K, Kasimura M, Higashi K:
Induction of Heat Shoch 70 mRNA by Cadmium is Mediated by Glutathione Suppressive and Non-suppressive Triggers.
Biochim Biophys Acta 1201:29-36, 1994

平野英保、田村雅仁、中野正博、平野雄
新しい機能蛋白発見のためのファジィセットクローニング法の考案
バイオメディカル・ファジィ・システム学会第7回年次大会講演論文集 7:30-32, 1994

Hirata K, Nagata N, Hiranuma K, Hirano H, Osaka T, Itoh H, Ohsato K:
The Healing Process of Chronic Colitis in Rats, Induced by 2,4,6-Trinitrobenzene Sulfonic Acid, with Special Reference to the Role of Fibronectin.
Scand J Gastroentrol 29: 624ー629, 1994
2,4,6-Trinitrobenzene Sulfonic Acidで誘導される大腸の潰瘍の修復は、正常の修復と同じで、Type I, Type III, ファイブロネクチンの遺伝子の発現が誘導されるが、すぐに正常化した。 線維化と違い遺伝子の発現は、一時的であった。

平野英保, 中野正博:
エイズ伝搬の微視的シミュレーションによる将来予測.
Biomedical Fuzzy and Human Science 1(1):81-86, 1995

Hirano T, Yamaguchi Y, Hirano H, Kasai H:
Age-associated Change of 8-Hydroxyguanine Repair Activity in Cultured Human Fibrolasts.
Biochem Biophys Res Commun 214: 1157-1162, 1995

田村雅仁, 平野英保, 大森治, 東監, 松岡成明:
ストレスによる唾液中の IgA 蛋白の分泌とその喫煙による抑制.
Neuroscience 21: 85-88, 1995

平野英保:
ファジィセットカオス理論.
バイオメディカル・ファジィ・システム学会1995年9月シンポジウム論文集 3:1-2, 1995

平野英保、嵐谷奎一、吉川正博、土井淳一、平野温子:
AIDS防衛の秘策衛生環境向上の為の斬新的策略.
バイオメディカル・ファジィ・システム学会1995年9月シンポジウム 3:21-28, 1995

Hiranuma K, Suzuki K, Hirata K, Nakamura H, Higashi K, Hirano H:
Extracellular matrices in peritendinous connective tissue after surgical injuly to the chicken flexor tendon.
Arch Orthop Trauma Surgery 115: 63-67, 1996
手の屈筋腱の受傷後の異常修復により引き起こされる癒着は、ピアニスト等の手を使う職業の人で、指が動かなくなるなどの極めて深刻な状況を引き起こす。 そこで、この異常修復のメカニズムを細胞外マトリックスの遺伝子発現の立場から見る事とした。 受傷後ファイブロネクチン、type I とType III コラーゲンはゆっくりと上昇し殆ど固定化されてしまう時期の16週目まで遺伝子発現は上昇していた。 組織の蛍光染色では、癒着屈筋腱領域では実験最終回でもファイブロネクチンが存在していた。 ファイブロネクチンは、組織の過剰修復による線維化に直接的、間接的に関与していることが示唆された。

Tamura M, Tanaka H, Hirano T, Ueta Y, Higashi K, Hirano H:
Enhanced glomerular profilin gene and protein expression in experimental mesangial proliferative glomerulonephritis.
Biochem Biophys Res Commun 222: 683-687, 1996
Thy 1 抗体で誘導される腎炎の場合糸球体の荒廃が知られていた。 そこでこのような糸球体の荒廃が起こる時期にプロフィリンがどの様に変化するかを調べた。 先ず、ラットのプロフィリンの遺伝子クローニングを行った。次にコンピユーターを使い抗原に成りやすい部位を予測し、ラットのプロフィリンに特異的なペプチド抗体を作成した。 プロフィリンの遺伝子発現と蛋白質の発現を糸球体病変が形成される7日目で見てみると、共に上昇していた。 肝硬変の初期より上昇するプロフィリンは、メサンギウム細胞が増殖する腎炎でも増加する事がわかった。


Hirano H, Hirano T, Hirata K, Tamura M, Yamaura T, Hamada T:
Experimental liver fibrosis induced in rats receiving high dose of alcohol and alternating between regular and vitamin-depleted diets.
Experientia 52: 710-715, 1996
ここまでの線維化の解析より細胞外マトリックスの遺伝子発現が時間軸で変化していっている事が分かった。そこで、ラットにアルコール性肝硬変を作るために、ビタミンによる遺伝子発現調節を行い組織構築制御をしてみた。 どのビタミンを何時どれくらい使用すれば出来るかは、アルコール中毒の人のライフスタイルをまねることとした。 まず、アルコールを飲む練習をさせ、強いアルコールが飲めるようになったら一週おきに低栄養食と通常食を与えたところ、特徴的なアルコール性の肝臓の線維化を認めた。 この基本はビタミンAを減らしてファイブロネクチンを発現抑制、ビタミンCでコラーゲン遺伝子を発現させる事にあると考えた。

平野英保、平野雄、田村雅仁:
組織形態制御理論(ファジィセットカオス理論)で転移癌にせまれるか?:癌細胞を細胞外マトリックス蛋白産生細胞で囲むための理論と実際.
バイオメディカル・ファジィ・システム学会1996年9月九州地方会 4:3-4, 1996

Hirano H, Hirano T, Nakano M, Hirata K, Tamura M:
A novel approach for obtaining a cDNA clone that codes functional protein by applying the fuzzy set cloning theory.
Biomedical Fuzzy and Human Science 2:19-24, 1996
すべての研究者に新しい機能を持った蛋白質の研究を提供することが出来るというクローニング理論で、現在までに publish されている全ての方法が使用できるだけでなく、今後開発されるであろう全ての方法を包含している為、応用がおおいに期待される。 我々はこの理論を応用して、四塩化炭素肝硬変で、正常組織が肝硬変になるときの組織構築制御蛋白質を探し、初期に出現してくるLiver cirrhogen 1 及び 2 を見出した。 塩基配列を決定して、プロフィリンと HMG-1 (high mobility group 1)で有る事が分かった。

山本栄, 松岡成明, 平野英保:
CNV をメンタルストレスの評価尺度として用いた場合の有効性について- A study of the effectiveness of CNV in order to evaluate.
臨床脳波 38: 585-590, 1996

Ohmori O, Hirano H, Ono T, Abe K, Mita T:
Down-regulation of S-adenosylhomocysteine hydrolase in the active methyl transfer system in the brain of genetically epileptic El mice.
Neurochemical Res 21:1173-1180, 1996
アフィニティーゲルフィルトレーション法で精製したオリゴプライマーは、何度増幅するにしてもインサイドプライマーを必要としない優れたプライマーである事が分かった。 これをcompetitive RT-PCR に使用すると、S-adenosylhomocysteine hydrolaseの mRNA の量をモル濃度で定量する事が可能となった。

平野英保
思考即応型ファジィ推論 DATAbase 理論
バイオメディカル・ファジィ・システム学会第9回年次大会 講演論文集 9:106-107, 1997

平野英保, 菊池亮:
HIV 抗原のファジィ推論法- Presumed HIV antigens by fuzzy reasoning
北九州医工学術者会誌 8: 34-37, 1997

平野英保, 菊池亮, 中野正博, 平野雄:
逆転写酵素の読み間違いの法則に依存する HIV 抗原の高速進化のファジィ推論解析と究極の HIV ワクチン
バイオメディカル・ファジィ・システム学会九州地方会 講演論文集 5: 11-14, 1997

平野英保、菊池亮、中野正博、平野雄:
HIV撲滅の為の待ち伏せワクチン開発の基礎理論.
バイオメディカル・ファジィ・システム学会第10回年次大会 10:129-132, 1997

Yanagihara N, Hara K, Kajiwara K, Minami K, Toyohira Y, Uezono Y, Ueno S, Hirano H, Yamashita U, Izumi F:
Stimulatory effect of lymphocyte-derived factor on catecholamine efflux from cultured bovine adrenal medullary cells.
Neurosci Lett 1998 Feb 27; 243(1-3): 25-8, 1998


Tanaka Y, Mine S, Figdor CG, Wake A, Hirano H, Tsukada J, Aso M, Fujii K, Saito K, Kooyk Y, Eto S.
Constitutive Chemokine Production Results in Achtivation of Leukocyte Function-Associated Antigen-1 on Adult T-cell Leukemia Cells.
Blood 91:3909-3919, 1998
常時細胞移動を行わせるケモカインを産成している ATL 細胞に、ファジィ推論法により MIP-1a, MIP-1b に対するアンチセンスを設計し、アフィニティーゲルフィルトレーション法で精製した両端にアミノリンクを結合させた、S-nucleotide oligo は、IL-1 で活性化した ATL 細胞の移動(transmigration)を抑制する事が出来た。

Doi S, Kawarada M, Hirano H, Takeuchi H:
Reverse transcription-polymerase chain reaction and immunohistochemical study of the expression of fibronectin mRNA in human submandibular salivary gland.
Archives Oral Biol 43:589-596, 1998
線維芽細胞ではファイブロネクチンは、Alternative splicing されED-A, ED-B のエクソンがある事が報告されていた。 下顎下の Duct 細胞にはED-A が発現しているが、 下顎下の唾液腺では、ED-A は発現しておらず、ED-Bを発現しているのとエクストラドメインが発現していない細胞性ファイブロネクチンが産生されていた。 下顎下の唾液腺で、正常では発現されていない ED-A が発現していた場合は、癌の腫瘍マーカーと成り得る。

Takahashi Y, Akase K, Hirano H, Fukunaga M:
Physical and genetic maps of the Leptospira interrogans serovar icterochaemorrgagiae strain Ictero No. 1 chromosome and sequencing of a 19-kb region of the genome containing the 5s RNA gene.
Gene 215:37-45, 1998

平野英保、麻生めぐみ、田中良哉、丸山剛、新井安芸彦、平野雄:
医療・学術レベル向上の為の腫瘍マーカーDATA-base.
北九州医工学術者会誌 9:41-44, 1998

平野英保、平野雄、新井安芸彦、中野正博、麻生めぐみ、田中良哉:
インターネットによる腫瘍マーカー検査・診断支援システムの開発.
バイオメディカル・ファジィ・システム学会第11回年次大会講演論文集 11:51-54, 1998

平野英保、平野雄、新井安芸彦:
Gene Expression Programming による転移癌の抑制:
バイオメディカル・ファジィ・システム学会第11回年次大会講演論文集 11:117-120, 1998

平野英保、平野雄、前田正信、田中良哉、新井安芸彦、麻生めぐみ、山城研三、柳原延章:
ファジィ推論法によるアンチセンスの設計とその効果.
バイオメディカル・ファジィ・システム学会1999年2月九州地方会学術集会論文集 6:3-4, 1999

Aso M, Tanaka Y, Miyata K, Hirano T, Yanagihara N, Etoh S, Hirano H:
cDNA Cloning of Inducer Reactive Protein in Adult T-Cell Leukemia Cell by Applying to The Fuzzy Set Cloning Theory for Sequencing Defuzzification.
Biomedical Soft Computing and Human Sciences 5:15-20, 1999
新しい機能蛋白質の発見のためのファジイセットクローニング理論を開発した。 前回報告した方法(Biomed. Fuzzy Human Sci. 2:19-24, 1996)では、新しい機能を規定しそれに対応する蛋白質を発見する事が出来たが、今回のは全くの未知の New Proteins を発見できる理論に改良している。 この理論を応用して、adult T-cell leukemia に特異的に出現してくる、プロテオグリカン100kdと同様様相を示す蛋白を探しえた。 その際デファジィに Vitamin C (VC) と hydrocortisone (Cortisol) を使用する事により、VC にて抑制され、Cortisol に無反応な PG18a 等を発見する事ができた。

平野英保、平野雄、前田正信、田中良哉、田中弘、麻生めぐみ、山城研三、田村雅仁:
PCR や RT-PCR やアンチセンスオリゴヌクレオタイドのファジィ推論による設計と組織培養細胞やラットに対する効果.
バイオメディカル・ファジィ・システム学会、第12回大会講演論文集、12: 87-90, 1999

Maeda M, Hirano H, Kudo H, Doi Y, Higashi K, Fujimoto S:
Injection of antisense oligos to nNOS into nucleus tractus solitarii increases blood pressure. NeuroReport 10:1957-1960, 1999
ファジィ推論法により nNOSに対するアンチセンスを設計し、アフィニティーゲルフィルトレーション法で精製した両端にアミノリンクを結合させた、S-nucleotide oligo をラットの孤束核に micro-transfection させると、nNOS を抑制し、血圧を上昇させる事が出来た。

Ohmori O, Hirano H, Mita T:
Shifted cytosolic NADP+-dependent isocitrate dehydrogenase on 2-D gel in the brain of genetically epileptic E1 mice.
Neurochem Res Mar 24(3): 365-369,1999

Yan Y, Todaka N, Yamamura K, Hirano H, Gotoh S, Katoh T, Higashi K, Arai S, Murata Y, Higashi T, Jirtle RL:
The Occurence of Polymorphism of Mannose 6-phosphate Insulin-like Growth Factor 2 Receptor Gene in Laboratory and Wild Rats.
J. UOEH 21:199-208, 1999

Tsurudome Y, Hirano T, Yamato H, Tanaka I, Sagai M, Hirano H, Nagata N, Itoh H, Kasai H:
Changes in levels of 8-hydroxyguanine in DNA, its repair and OGG1 mRNA in rat lungs after intratracheal administration of diesel exhaust particles.
Carcinogenesis 20:1573-1576, 1999


H-Ras Signals to Cytoskeletal Machinery in Induction of Integrin-Mediated Adhesion of T-Cells
Tanaka Y. Minami Y,Mine S, Hirano H, Hu CD, Fujimoto H, Fujii K, Sato K, Tsukada J, Kooyk Y, Figdor CG, Kataoka T, Eto S.
J. Immunology 163: 6209-6212, 1999
H-Rasが関係するT-cell の接着能出現までのシグナルトランスダクションがどのような経路で、伝わっているかを、特異蛋白質の発現をファジィ推論法にて作成したアンチセンスで抑制する方法を使用して明らかにし、MIP-1a。MIP-1b が接着能発現に関与していることが分かった。 またプロフィリンは、H-Ras により誘導された。

Arai A, Hirano H, Ueta Y, Hamada T, Mita T, Shirahata A:
Detection of Mononuclear Cells as the Source of the Increased Tissue Factor mRNA in the Liver from Lipopolysaccharide-Treated Rats.
Thrombosis Res 97: 153-162 2000


Tamura M, Tanaka H, Yashiro A, Osajima A, Okazaki M, Kudo H, Doi Y, Fujimoto S, Higashi K, Nakashima Y, Hirano H:
Expression of Profilin, an Actin-binding Protein, in Rat Experimental Glomerulonephritis and its Upregulation by Basic Fibroblast Growth Factor in Cultured Rat Mesangial Cells.
J Am Soc Nephrol 11:423-433, 2000
Thy 1 増殖性腎炎を作成すると、腎炎の組織で、プロフィリンが増え、メサンギウム細胞が増殖する事が示唆された。 すなわち、糸球体の細胞破壊が起こりその時に破壊細胞内より漏出してくるプロフィリンが、周囲のメサンギウム細胞のプロフィリンリセプターに作用し、シグナル伝達をし、何らかの増殖刺激を行う可能性が考えられた。 そこで、初代メサンギウム細胞外培養液にプロフィリンを加え観察すると、bFGF (basic fibroblast growth factor) が発現してくることを見つけた。 このことより増殖性腎炎は、まず細胞破壊が起こり、プロフィリンが湧出、周囲のメサンギウム細胞に増殖刺激を与えることが示唆された。

Hirano H, Tamura M, Nakano M, Arashidani K, Harada K, Arai A, Hirano T
The Envelopment of Malignant Tumor cells using the Fuzzy Set Chaos Theory during Histological Regulation
Biomedical Soft Computing and Human Sciences, 5(2), 31-36, 2000
転移癌細胞を線維芽細胞で周囲を囲めれば転移を抑制できるのではないかと考えられたので、遺伝子発現を制御して線維芽細胞を移動させ、周囲を早期に取り囲み転移の抑制を行う事とした。 動物での線維化の実験では、アルコール中毒ラットを作成し、肝臓内に如何なる遺伝子発現のプログラムを行うと線維化を作成する事が出来るかを行った。 ビタミンC(VC)でコラーゲン合成を促進し、カルシウムでエラスチンのコラーゲン線維の束ねる活性を引き起こし、ビタミンB1で TCA cycle の活性化を引き起こし、Proline, Glycine, Cysteine を加えて、コラーゲンの翻訳に良い環境を作り、線維化を引き起こす事に成功した。 そこでこの技術を使い、人で、原発を手術にて摘除後、転移を起こす悪性の癌細胞の回りに線維芽細胞の分裂と線維化を誘導すると、転移を抑制出来た症例が増えてきている(85% 以上に成りつつある)。


Tamura M, Yanagihara N, Tanaka H, Osajima A, Hirano T,. Higashi K, Yamada KM, Nakashima Y, Hirano H
Activation of DNA Synthesis and AP-1 by Profilin, an Actin-Binding Protein, via Binding to a Cell Surface Receptor in Cultured Rat Mesangial Cells
J Am Soc Nephrol 11:1620-1630, 2000
今までの一連の研究により、外傷・化学物質・微生物による炎症等々で実質細胞の破壊が起こると、細胞よりプロフィリンが流出し、線維芽細胞系を刺激することが考えられた。 そこで、組織培養細胞(腎臓の糸球体より三段メッシュ法で得たメサンギウム細胞)の培養液にプロフィリンを加えると、特異的な細胞表面のリセプターに結合し、Protein Kinase C を TPA 刺激と同じレベルまで上昇させた。 シグナルは、C-JUN をもつ AP-1 の TRE 結合活性をあげる事が分かった。 既報の論文(J Am Soc Nephrol 11: 423-433, 2000)で、プロフィリンはプロモーターにTRE を持つ bFGF (basic fibroblast growth factor)上昇させる事より、細胞破壊により細胞外に出たプロフィリンはリセプターを介するシグナルトランスダクションの結果としてメサンギウム細胞の増殖を誘導する事が分かった。

Yanagihara N, Utsunomiya K, Cheah TB, Hirano H, Kajiwara K, Hara K, Nakamura E, Toyohira Y, Uezono Y, Ueno S, Izumi F.
Characterization and functional role of leptin receptor in bovine adrenal medullary cells.
Biochem Pharmacol. 59(9): 1141-1145, 2000

柳原延章、平野英保、豊平由美子、上野晋
神経、内分泌に影響を及ぼすリンパ球由来因子のファジィセットクローニング
バイオメディカル・ファジィ・システム学会、第13回大会講演論文集、13: 103-105, 2000

平野英保、平野雄、中野正博、嵐谷奎−、麻生めぐみ、濱田哲夫
遺伝子発現と翻訳の制御のプロトタイプ: 線維化誘導法と、転移癌の抑制について
バイオメディカル・ファジィ・システム学会、第13回大会講演論文集、13: 106-109, 2000

中野正博、吉岡真、平野英保、加藤貴彦、松浦弘幸
喫煙による発癌率の個人差
バイオメディカル・ファジィ・システム学会、第13回大会講演論文集、13: 110-112, 2000

平野英保、中野正博、麻生めぐみ、田中良哉、柳原延章、新井安芸彦、平野雄
PCR プライマーの至適温度のファジィ推論による温度制御
バイオメディカル・ファジィ・システム学会、第13回大会講演論文集、13: 140-141, 2000

前田正信、平野英保、工藤秀明、土肥良秋、中井正継、東監、藤本淳
アンチセンス法を用いて延髄孤束核の nNOS の遺伝子を制御した時の循環変化
自律神経 37(3): 395-399, 2000


Hirano H, Tamura M, Hamada T, Sasaguri Y, Nakano M, Arashidani K, Harada K, Arai A, Hirano T
Gene Expression Programming for Fibrogenesis by Fuzzy Chaos Algorithm Suppressed Metastasized Cancer Cells
Int J Chaos Theory Appli. 5(3): 61-66, 2000
ファジィカオスのアルゴリズム(生体ではターゲット遺伝子の発現を Fuzzy ON、Fuzzy OFF する事を繰り返せば組織構築の制御が出来、そのレーダーグラフはカオスを描く)に従い遺伝子発現のプログラムを作成した。 ファイブロネクチンの遺伝子を抑えぎみにし、コラーゲン遺伝子発現を促進し、Ca2+イオンでエラスチンを活性化し、コラーゲン線維束を束ねる事を促進し、Vitamin B1 で、TCA cycle と5単糖燐酸経路を促進し、細胞を活性化することを一週おきに繰り返したところ、アルコール性の肝臓の線維化をラットに作成出来た。 この方法を人の転移癌細胞の線維芽細胞による囲い込みに応用すると、スキルス胃癌を含む 9 名中 8 名の悪性腫瘍の転移を抑制出来つつあり、うちスキルス胃癌の 1 名は 5 年を経過した。 (現在では、2 名が 5 年を経過している)

Hara K. Yanagihara N. Minami K. Hirano H. Sata T. Shigematsu A. Izumi F.
Dual Effects of Intravenous Anesthetics on the Function of Norepinephrine Transporters
Anesthesiology 93: 1329-1335, 2000

著 書 (国外欧文)

Yamada KM, Hayashi M, Hirano H , Akiyama SK:
Fibronectin and Cell Surface Interactions.
The Roll of Extracellur Matrixls in Development (ed. Trels RL), Alan R. Liss, Inc. (New York): 89-121, 1984

Yamada KM, Hasegawa T, Hasegawa E, Kennedy DW, Hirano H, Hayashi M, Akiyama KS:
Fibronectin and Interactions at the Cell Surface.
Matrices and Cell Differentiation (ed. Kemp RR), Alan R. Liss, Inc. (New York) : 1-15, 1984

Hirano H, Kubomura S, Obara M, Gotoh S, Higashi K, Yamada KM:
Structure of the Chicken Fibronectin Gene.
Basement Membranes, (ed. Seiichi S), Elsevier Science Publishers (Amsterdam, New York, Oxford), 131-138, 1985

Hirano H, Kikuchi M, Shirahata A, Nakano M, Hirano T:
Fuzzy Inferantial Theory for Variable Antigens on Sequences of the HIV Env Variable Region.
Proceeding of the 2nd International Conference on Mol. Struc. Biol., ed. by Kungl AJ, Andrew PJ, Arbeitsgruppe Biochemie, Gesellschaft Osterreichischer Chemiker Nibelungengasse (Wien) 2:100, 1997

Yamamoto S, Hirano H, Matsuoka S:
The measurement of CNV in the evaluation of mental stress.
Advances in Human Factors/Ergonomics, 21A; Design of Computing Systems: Cognitive Considerations, Edit. Salvendy, G, Smith, MJ, Koubek RJ, 7th International Confe. Human-Computer Interaction San Francisco U. S. A. 7: 537-540, 1997

著 書 (国内欧文)

Yamamoto S, Manabe N, Hirano H, Matsuoka S:
Measurement of Mental Stress Using CNA and Salivary IgA.
Brain Topology Today, Proceeding of the III Pan-Pacific Conference on Brain Topography (BTOPPS III), Tokyo Bay, Japan April 1-4, 1997, ed by Koga Y, Nagata K, Hirata K. (Elsevier Science) 756-761, 1998

Maeda M, Hirano H, Kudo H, Doi Y, Ken Higashi K, Fujimoto S:
Increases in arterial blood pressure and heart rate produced by microinjection of antisense nNOS oligonucleotide into the nucleus tractus solitarii.
Control Mechanisms of Stress and Emotion: Neuroendocrine- Based Studies. ed. by Yamashita H et al, editors. Elsevier Science B. V. 293-295, 1999

Hirano H, Tamura M, Nakano M, Arashidani K, Harada K, Arai A, Hirano T:
Application to Malignant Tumor Cells for Fuzzy Set Chaos Theory During Histological Regulation to Envelope.
Internatio. Symp. Med. Informatics & Fuzzy Techno. ed by Arita S, Phong NH, Sanchez E, Yanaru T; Trung Tam Khoa Hoc Tunhien Va Cong Nhge Quoc Gia (Hanoi): 325-322, 1999

著 書 (国内邦文)

平野英保, 田村雅仁, 中野正博, 平野雄:
機能蛋白発見のためのファジィセットクローニング法の開発と形態制御への応用.
北九州医工学術者会誌, 北九州医工学術者協会 (北九州) 6:17-20, 1995

[Computer System and DATA base]
Hirano H:
DNA Sequence Analysis System,
GENE grade I, [Computer System].
Vol. 1: version 1,1984 Denshi System Inc. (Kitakyushu)

Hirano H, Ogai S, Kubomura S, Tsuda T, Fukunaga M, Sayegusa H, Miyahara K, Taniguchi H, Sashihara S. Karasaki Y:
Gene Bank UOEH (ed. Hirano H).
[Computer DATA base] , Denshi System Inc. (Kitakyushu)Vol. 1: version 1, 1984

Hirano H, Mutoh E, Nishimura Y:
DNA Sequence Analysis System, (ed. Hirano H)
GENE grade II.
[Computer System], Denshi System Inc. (Kitakyushu): Vol. 2: version 1,1984

Hirano H, Furutani A, Ogai S, Kubomura S, Tsuda T, Fukunaga M, Sayegusa H, Miyahara K, Taniguchi H, Sashihara S, Kitagawa K, Kamikomaki N, Karasaki Y:
Gene Bank UOEH (ed. Hirano H).
[Computer DATA base], Denshi System Inc. (Kitakyushu): Vol. 2: version 1, 1985

Hirano H, Mutoh E, Nishimura Y:
DNA Sequence Analysis System, (ed. Hirano H),
GENE grade III (MS-DOS).
[Computer System], Denshi System Inc. (Kitakyushu): Vol. 3, version 1,1984

Hirano H:
Manual for GENE Manipulation.
[Computer DATA base] 175,360 bites
Biochemistry/Univ. Occupational and Environmental Health (Kitakyushu): ( Ver. 1.02 ) 1, 1-105, 1990

Hirano H, Mutoh E, Nishimura Y:
DNA Sequence Analysis System, (ed. Hirano H).
GENE gradeVII (MS-DOS Hard Disk), [Computer System], Biochem/UOEH/Sch Med (Kitakyushu): Vol. 4, version 1,1994

Hirano H:
Manual for GENE Manipulation.
[Computer DATA base] 222,592 bites
Biochemistry/Univ. Occupational and Environmental Health (Kitakyushu): ( Ver. 5.06 ) 1, 1-127, 1994

DNA/RNA Oligonucleotides Design System,
Transpo-PCR Design (MS-DOS Hard Disk).
[Computer System], Biochem/UOEH/Sch Med (Kitakyushu): Vol. 1, version 1,1995

Hirano H:
Peptide Antigen Design System
Extract Ag-Peptides (MS-DOS Hard Disk)
[Computer System], Biochem/UOEH/Sch Med (Kitakyushu): Vol 1, Version 1, 1995

Hirano H:
DNA/RNA Oligonucleotides and Antisense Design System,
Transpo-Antisens PCR Design (MS-DOS Hard Disk).
[Computer System], Biochem/UOEH/Sch Med (Kitakyushu): Vol. 2, version 1,1996

Hirano H, Aso M, Tanaka Y, Nakano M, Arai A, Hirano T:
Tumor Marker DATAbase (Inter net System)
http://www.med.uoeh-u.ac.jp/kouza/seikagak/tumaker_j.html and
http://nqube.health.uoeh-u.ac.jp/groups/cancermarker/
Biochem/UOEH/Sch Med (Kitakyushu): Vol. 1, Ver 1, 1998

Hirano H, Aso M, Tanaka Y, Nakano M.
English Tumor Marker DATAbase (Inter net System)
http://nqube.health.uoeh-u.ac.jp/groups/cancermarker/eng/index_e.html
Biochem/UOEH/Sch Med (Kitakyushu): Vol. 2, Ver 1, 2000

シンポジウム

Yamada KM, Hayashi M, Hirano H, Hasegawa E, Hasegawa T, Humphries MJ, Olden K, Chen WT, Akiyama SK:
A Molecular Anlysis of Cell-extracellular Matrix Interactions.
The Third International Congress on Cell Biology (1984)

Hirano H, Kubomura S, Obara M, Gotho S., Higashi K, Yamada KM:
Structure of the Chicken Fibronectin Gene.
The International Symposium on Basement Membranes (1985)

平野英保:
ファジイセットカオス理論.
バイオメディカル・ファジィ・システム学会1995年9月シンポジウム

平野英保、嵐谷奎一、吉川正博、土井淳一、平野温子:
AIDS防衛の秘策衛生環境向上の為の斬新的策略.
バイオメディカル・ファジィ・システム学会1995年9月シンポジウム

平野英保、田村雅仁、嵐谷奎一、中野正博、原田和典、平野雄:
転移癌細胞の囲い込み理論"Gene Expression Programming" -その開発の基礎と治療への展望-.
第56回日本癌学会総会 1997年9月

前田正信, 平野英保, 工藤秀明, 土肥良秋, 東 監, 藤本 淳:
血圧は延髄孤束核へのnNOSアンチセンスオリゴDNAの導入で上昇する.
第8回アンチセンスシンポジウム, 1998.

Maeda M, Hirano H, Kudo H, Doi Y, Higashi K, Fujimoto S:
Increases in arterial blood pressure and heart rate produced by microinjection of antisense N-NOS oligonucleotide into the nucleus tractus solitarii.
The 18th UOEH International Symposium. Control mechanisms of stress and emotion in occupational and environmental health: neuroendocrine based studies, 1998

Hirano H, Tamura M, Nakano M, Arashidani K, Harada K, Arai A, Hirano T:
Application to Malignant Tumor Cells for Fuzzy Set Chaos Theory During Histological Regulation to Envelope.
MIF'99: International Symposium on Medical Informatics and Fuzzy Technogy, August 26-29 (1999)
前田正信, 平野英保, 工藤秀明, 土肥良秋, 中井正継, 東 監, 藤本 淳:
血圧は自然発症高血圧ラットの孤束核へのnNOSアンチセンスオリゴDNAの導入でさらに上昇する.
第9回アンチセンスシンポジウム、(京都 国立京都国際会館) 1999年11月

Hirano H, Tamura M, Hamada T, Sasaguri Y, Nakano M, Arashidani K, Harada K, Arai A, Hirano T
Gene Expression Programming for Fibrogenesis by Fuzzy Chaos Algorithm Suppressed Metastasized Cancer Cells
European Conference on Interigent Technology Iasi Rumania 25-27, September 2000

ワ−クショップ
Yamada KM, Hirano H:
Protein and Gene Structure of Fibronectin
International Workshop on the Structure and Regulation of Connective Tissue Genes. (1982)(Wilson Hall/NIH)

Yamada KM, Hayashi M, Hirnao H, Hasegawa E, Hasegawa T, Humphries MJ, Akiyama SK, Chen WT:
Structure and function of fibronectin.
Matrix Macromolecules -Structure and Function -. (1984)

国際学会一般演題

Mita T, HiranoH, Fueta Y, Aramaki I :
Unusual Biochemical Development of Epilepsy Mouse Strain, EL.
11th ISDB Congress. (1989)

Hirano T, Hamada T, Hirata K, Tamura M, Yamaura T, Hirano H:
Deitary Vitamin Alternation-induced Fibrosis in Rat Alcoholic Liver.
23rd Meeting of the Federation of European Biochemical Societies.
Basel Auguest 13-18, 1995

Hirano H, Tamura M, Nakano M, Hirano T:
Fuzzy-Set cloning: A powerful cloning Theory for functional Protein Targeting.
23rd Meeting of the Federation of European Biochemical Societies.
Basel Auguest 13-18, 1995

Hirano H, Hirano T, Yanagihara N, Tamura M:
Functional Protein Targeting by Fuzzy Set Cloning.
6th International Congress on Cell Biology, 36 American Society for Cell Biology Annual Meeting Dec 7-11 (1996)
学会場で上記の内容の論文(Hirano H, et al, Biomedical Fuzzy and Human Science 2:19-24, 1996)の135部の別冊請求に対応できた。

Hirano H, Kikuchi M, Shirahata A, Nakano M, Hirano T:
Fuzzy Inferantial Theory for Variable Antigens on Sequences of the HIV Env Variable Region.
2nd International Conference on Molecular Strucctural Biology, Sep 10-14 (1997) Viena Austria

Hirano H, Hirano T, Hamada T, Tamura M, Sasaguri Y:
Reguration of Histological Reconstruction by Specific Gene Expression Programming.
38th American Society for Cell Biology Annual Meeting, Dec 12-16 (1998) San Francisco

Hirano H, Hirano T, Masahito T, Hamada T, Sasaguri Y, Masahiro N, Arashidani K, Harada k, Arai A:
Gene Expression programming to Supress Growth of Metastasized Cancer Cells by Commanding Adjacent Fibroblasts to Envelop
The American Society for Cell Biology, 39th Annual Meeting Dec 11-15 (1999) Washington DC USA

Hirano H, Tamura M, Nakano M, Arashidani K, Harada K, Arai A, Hirano T:
Application to Malignant Tumor Cells for Fuzzy Set Chaos Theory During Histological Regulation to Envelope.
Internatio. Symp. Med. Informatics & Fuzzy Techno. ed by Arita S, Phong NH, Sanchez E, Yanaru T; Trung Tam Khoa Hoc Tunhien Va Cong Nhge Quoc Gia (Hanoi) August 26-29, 1999

Hideyasu Hirano, Takeshi Hirano, Tetsuo Hamada, Hajime Utsunomiya, Yasuyuki Sasaguri, Masahito Tamura
Alanine Increases Protein Expression Programming to Envelope Hepatocytes In Alcoholic Rats during Histological Reconstruction
The American Society for Cell Biology, 40th Annual Meeting Dec 9-13 (2000) San Francisco USA

総 説


平野英保、山田吉彦:
ファイブロネクチンとコラ−ゲンの遺伝子構造.
特集 動物遺伝子
細胞工学 2: 465-478, 1983

林正男、平野英保:
フィブロネクチンの構造と機能;ドメイン構造・遺伝子構造を中心に.
特集 フィブロネクチン:研究の進歩と臨床の現況
蛋白質,核酸,酵素 28: 169-181, 1983

平野英保:
フィブロネクチンの遺伝的解析.
特集 フィブロネクチン:研究の進歩と臨床の現況
最新医学, 39: 1992-1995, 1984

平野英保:
フィブロネクチンの遺伝子解析.
代謝, 23:13-20, 1986

技術解説
平野英保、谷口初美、久保村滋夫:
高速 Maxam Gilbert 法.
Pure Chemicals Daiichi, 16: 100-107, 1985

組織構築制御法の開発
平野英保、中野正博、新井安芸彦
バイオメディカルファジィシステム学会誌 2: 1-11, 2000. 印刷中

博士論文
平野英保:
核小体におけるDNAポリメラ−ゼの存在とその分子種.
大阪大学医学雑誌, 31: 45-54, 1979

表紙
Cellular and Molecular Life Sciences,53(3),March 1997 (Figure 3B in Experientia 52: 710-715, 1996, Hirano H, Hirano T, Hirata K, Tamura M, Yamaura T, Hamada T: Experimental liver fibrosis induced in rats receiving high dose of alcohol and alternating between regular and vitamin-depleted diets.)