HTLV-1の上昇に伴う乳癌が、治った感ありの症例

5-S-CDの上昇を伴う HTLV-1由来の乳癌で、来院後30日目にOpe
囲い込み療法と基本免疫療法と血栓塞栓療法を行い
経過良好にて、現在 点滴治療を終了
元気錠(特許)と、Allicin,Biotinn,ウルソデオキシコール酸錠等と
発癌ウイルスリセプターブロッカーと、キャッピング
L-lysine による、癌の抗原性の増加と
NK-細胞の活性化を行っています。 サプリメントは原則( 月~金 )投与

基本免疫療法にはオプチーボは使っていない。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です