さくらクリニック博多ニュース: 再発乳癌をUnited GEPにて、完治誘導後千日目も良好です。

高血圧症にてディオバン(40) 1 T / 1 x M を服用中のKrankeです。
2007. 8._ 左乳癌が見つかる。 アロマシン(6年間服用)と放射線治療を行った。
2007.11.00 φ30mmの腫瘤を摘出
2015.12.29 さくらクリニック博多へ来院、腫瘍マーカー癌検診
2016.12.08 φ15mmの前回の直ぐ横に出来た再発腫瘤を摘出

2018. 5.23 経過良好のため、ふるさとの近くの病院でHER2の特効薬であるハーセプチンのみ、DIV中である。 もうしばらくして、その後の経過をプロットします。 乞うご期待。

千日目は、NSEは超々早期まで下がっていました。

彼女の場合、発癌ウイルスの単位数を調べてみると、

サイトメガロウイルス由来の乳癌ですね。

完治後に2度と癌の発症を引き起こさないためには、発癌ウイルスを減らす必要があり、最近サイトメガロウイルスを他の患者様で陰性化するのに初めて成功しました。 HHV-6とEBVにも挑戦するつもりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です