褥創は、毎日巡回、赤く成っていたら 生食CCar湿布!!(切創・針刺創)

日本では、未だに、褥瘡を治すのに、1週間添付したり、皮膚が圧迫壊死してから治療を開始するのが流行っています。

蓐瘡は、日々の巡回の時に、見つけて直ぐに、治す!!

生食CCar湿布を10分~30分貼って、その後ははずして、今治タオルなど(それに相当する物)で包むか、等をして頂くだけで、次の日には、治っています。

日本から、蓐瘡を 99.9 % 以上治して、しまいましょう。

生食CCar湿布: 生理食塩水500ml + カルチコール8.5%5ml+VC500mg

本当は、凄い方法なのです。 コロンプスの卵!!

何度も注射する事によって、よく見かける出血斑は、場合に依っては、黒色の色素斑に見えてきたり、皮膚が黒色枯れ木皮に見えたりしますが、この様な注射斑は、この生食CCar湿布を5分~10分しておくことで、出血斑は出なくなります。 それ故、何度でも同じ血管が使えることに成ります。 静脈注射の革命的方法です。
同様に、ハサミやカッターナイフで切った浅い切創は、生食CCar湿布で治ってしまいます。  Post operation には、ビーフリードにアスコルビン酸2gがよいですね。手術後の縫合不全も予防する事が、殆どできます。 ビーフリードにアスコルビン酸2gは、脳幹部の出血にも使えます(血管修復止血)。

特許出願中

さくらクリニック博多緊急ニュース 癌が治癒しても、必ず来院!

癌が治っても、必ず来院して下さい。 と言うのは、安心して、癌に成る前と同じようなライフスタイルに戻りますと、

例えば、

①以前と同じように、仕事に頑張ってみたり、

②同じように、たばこを吸ったり、

③以前と同じように、お酒を飲んだり、しますと、

①の場合、ストレスが復活して、血液がドロドロに成ります。 また、②の場合、たばこで血管が収縮して細くなり、血栓塞栓が起こりやすくなり、心筋梗塞や、脳梗塞や、腸間膜血栓症が起こったりします。 ③の場合、お酒が、分解する過程で、アセトアルデヒドが出来ます。 アセトアルデヒドは遺伝子DNAのポイントミューテーションを引き起こしまして、たまたま発癌ウイルスと同じ配列が出来ますと、リコンビネーションが起こりやすくなり、発癌し易くなると言う事に成ります。

復活した二度目の命を、是非大事にしてください。

何卒、よろしくお願いいたします。

令和対応の年齢早見表が出来ました。

年齢早見表は、Excel ファイルです。

令和年齢年号

Excel の表で、黄色の所に、2020 と入れると、2020年のカレンダーに成ります。 緑青の所に現在の年齢を例えば 46 歳を入れると、22 歳の時は1955年で、平成 7 年で有る事が判ります。

便利ですので、使って見て下さい。

打ち出し年齢早見表

頭骨髄膜腫が消えた!ET・BIT・antiVEGFAbの勝利

頭骨髄膜腫が、
癌の三大療法である、
手術・放射線・抗癌剤なしで、
消えました。

本当は、すごい事なのです!

基本免疫療法(BIT: Basic immuno therapy)
囲い込み療法  (ET: environmental Therapy)、
血栓塞栓療法 (antiVEGF-Ab)でやりました。 CT画像を載せます。

PET-CTの画像と放射線科医師の読影所見です。 左の後頭部にも腫瘍陰影が認められていました。

PET-CTの時のCT画像  2019.2.8

黄色線の先が、空洞化した髄膜腫 腫瘍マーカーも下がって来ました。NSE 49.4 (2019.5.15),  NSE 24.4 (2019.7.1)と成っております。

HTLV-1の上昇に伴う乳癌が、治った感ありの症例

5-S-CDの上昇を伴う HTLV-1由来の乳癌で、来院後30日目にOpe
囲い込み療法と基本免疫療法と血栓塞栓療法を行い
経過良好にて、現在 点滴治療を終了
元気錠(特許)と、Allicin,Biotinn,ウルソデオキシコール酸錠等と
発癌ウイルスリセプターブロッカーと、キャッピング
L-lysine による、癌の抗原性の増加と
NK-細胞の活性化を行っています。 サプリメントは原則( 月~金 )投与

基本免疫療法にはオプチーボは使っていない。

 

PBMとEBMの違いを教えてください。Programming-based medicine(PBM)

Programming based medicine (PBM) is advanced medical technique for super doctors (SD). 何故 いま、PBM が必要かと申しますと、
がんの場合、基本情報を得る前から、分かっていることが多くあります。
例えば、
① 無限増殖をする細胞
② 人の体のどこにでも出来る。
③ 腫瘍マーカーが上昇する。
④ 正常細胞のど真ん中にいても、周囲の細胞に感化されずに増殖。
⑤ 一種類の方法には、約三ヶ月で違う細胞に集団を変異させて、生き残りを行う。
⑥ 免疫細胞が一匹でパトロールに来たら、対するがん細胞表面を正常にすることでかわしてしまう。
⑦ 発癌ウイルスの増殖遺伝子が人のゲノムに入り込んで癌化する。
⑧ 虫垂がんでは、菌の増殖遺伝子も入り込むようである。
伝々
これらのすべてに対して、Programming-based medicine は対処出来るのです。

凄いでしょう!!

基本免疫療法と囲い込み療法と血栓塞栓療法とペプチドワクチン療法、糖鎖ワクチン療法、NK-細胞の活性化療法、がんの抗原性の増加療法、白血球の増加療法は、ほぼ全てのがんに対処できる事になります。
.
人の体は、個々の細胞が超大型コンピュータ以上の機能を持っており、自己修復の機能や集団解決機能も保持しています。

AIをしのぐ 『 Super AI 』この機能を使わない手はないです。

さくらクリニック博多では、φ1cm以下のがんはほとんど治ります。
それ以上の大きさのがんには、現有の放射線・手術・静癌剤もプログラムのコマンドとして使っていきます。
治らない場合でも、延命にはなっております。

Programing Based Medicine には、EBM でいうコントロールは必要有りません。 プログラムにより引き起こされる結果が役に立つ、真実である、上手くいく等が Accept! の意味と成ります。 あえてコントロールを取るとしますと、前回より何かが(腫瘍マカー値)良くなり、悪くなって居るのは殆ど無い や 独創性の強いプログラミングである。 等々

また、最近では、癌の原因のウイルス( EBV, HHV-6, CM, HTLV-1, HPV )を、Capping する事と、ウイルスのリセプターブロッカーで、やっつける事を行っております。 ウイルスが居る限りにおいて、超々早期迄下がると、それからが、なかなか腫瘍マーカーが下がらないからです。  CM と HHV-6 は陰性に成った患者が出てきました。
*注 虫垂がんでは延命は出来たが、完治は今のところ、居ない。

Q: 肝硬変での腹水(癌性腹水)は、治りますか?

A: 治りますよ!

最近久し振りに、肝硬変由来のFrosh Bauch の腹水に、出会いました、アルコール性肝硬変で、黄疸が有るので、基本は、人工肝臓を使って肝機能を治して行き、同時に腹水ポンプ(BA-Pump)を使用して、水を排泄します。

微小血管の修復(MCBV-Repair)
シナール ( 200 )        1T / 1 x M___3____ TD
アスパラCa ( 200 )   1T / 1 x M___3____ TD

細胞の生命維持装置(PPP) & 人工肝臓(AL)
アリナミンF25 1T / 1 x M__ ( 月~金 ) ___20___ TD
グルタチオン ( 100 ) 1T / 1 x M__ ( 月~金 ) ___20___ TD
セレニウム ( 0.05 ) 1T / 1 x M__ ( 月~金 ) ___20___ TD
パントシン錠 ( _30_ ) 2T / 2 x MA_ ( 月~金 ) ___20___ TD
ヘパリーゼ  6 T / 3 x n 28 TD
グリチロン  6 T / 3 x n 28 TD
Spir-Tein Vanira Flaver 3 匙 /__3 x n__(月~金)__n__TD 1缶

肝硬変のコラーゲン繊維切断 ( 癌性腹水の場合は行わない )
チョコラA                               1T /_1 x A__ ( 金 ) ____4___ TD
アルファカルシドール ( 0.5 ) 1T /_1 x A__ ( 金、土 ) _8___ TD
ユベラ錠 ( 50 )                        1T /_1 x A__ ( 日、月 ) _8___ TD

血液サラサラ
Rutin       1T / 1 x A ( 月~金 ) ___20___ TD
グルタチオン(100) 2T / 2 x 昼A ( 月~金 ) ___20___ TD

血液サラサラ+血管強化
Activated Qercetin 1 T / 1 x M ( 水 )  4 TD

腹水ポンプ(BA-Pump)
アルダクトンA(5) 1 T / 1 x M 28 TD
ラシックス(20) 1 T / 1 x M 28 TD
スローK600     1 T / 1 x M 28 TD
ツムラ猪苓湯エキス顆粒  2.5 g / 1 x M 28 TD

総合的栄養補給
ラコール(200) 1 袋 / 1 x 屯   4 TD

たまたま発症していた気管支炎の治療
クロフェドリン(60ml) 8.57 ml / 3 x MA眠__7___ TD  X 1 本
コタロー麻黄湯    2包./ 2 x MA 7 TD
レボフロキサシン250   2 T / 2 x MA 7 TD

さくらクリニック博多ニュース: 再発乳癌をUnited GEPにて、完治誘導後千日目も良好です。

高血圧症にてディオバン(40) 1 T / 1 x M を服用中のKrankeです。
2007. 8._ 左乳癌が見つかる。 アロマシン(6年間服用)と放射線治療を行った。
2007.11.00 φ30mmの腫瘤を摘出
2015.12.29 さくらクリニック博多へ来院、腫瘍マーカー癌検診
2016.12.08 φ15mmの前回の直ぐ横に出来た再発腫瘤を摘出

2018. 5.23 経過良好のため、ふるさとの近くの病院でHER2の特効薬であるハーセプチンのみ、DIV中である。 もうしばらくして、その後の経過をプロットします。 乞うご期待。

千日目は、NSEは超々早期まで下がっていました。

彼女の場合、発癌ウイルスの単位数を調べてみると、

サイトメガロウイルス由来の乳癌ですね。

完治後に2度と癌の発症を引き起こさないためには、発癌ウイルスを減らす必要があり、最近サイトメガロウイルスを他の患者様で陰性化するのに初めて成功しました。 HHV-6とEBVにも挑戦するつもりです。

Q: 腫瘍マーカー癌検診では、どうして超早期・超々早期で見つかるのですか?

A: とても優れた質問ですね!!

実は、腫瘍マーカーは、殆どが蛋白質です。 例えば CEA carcinoembryonic antigen も下記のようなアミノ線の配列を持った蛋白質です。

MESPSAPPHRWCIPWQRLLLTASLLTFWNPPTTAKLTIESTPFNVAEGKEVLLL
VHNLPQHLFGYSWYKGERVDGNRQIIGYVIGTQQATPGPAYSGREIIYPNASLL
IQNIIQNDTGFYTLHVIKSDLVNEEATGQFRVYPELPKPSISSNNSKPVEDKDA
VAFTCEPETQDATYLWWVNNQSLPVSPRLQLSNGNRTLTLFNVTRNDTASYK
CETQNPVSARRSDSVILNVLYGPDAPTISPLNTSYRSGENLNLSCHAASNPPA
QYSWFVNGTFQQSTQELFIPNITVNNSGSYTCQAHNSDTGLNRTTVTTITVYA
EPPKPFITSNNSNPVEDEDAVALTCEPEIQNTTYLWWVIIRSLPVSPRLQLSND
NRTLTLLSVTRNDVGPYECGIQNELSVDHSDPVILNVLYGPDDPTISPSYTYYR
PGVNLSLSCHAASNPPAQYSWLIDGNIQQHTQELFISNITEKNSGLYTCQANNS
ASGHSRTTVKTITVSAELPKPSISSNNSKPVEDKDAVAFTCEPEAQNTTYLWW
VNGQSLPVSPRLQLSNGNRTLTLFNVTRNDARAYVCGIQNSVSANRSDPVTLD
VLYGPDTPIISPPDSSYLSGANLNLSCHSASNPSPQYSWRINGIPQQHTQVLLI
AKIQPNNNGTYACFVSNLATGRNNSIVKSITVSASGTSPGLSAGATAGIMIGVL
VGVALI

腫瘍マーカーの遺伝子を発現 ”する” か ”しない” か、は、癌細胞が発現のスイッチを ON にしているか、OFFにしているかで、決まります。 それ故、消化器癌等の場合は、超々早期で、ONの場合は、超早期でもON、早期でもON、初期でもON、中期でもON、末期でもONと成ります。 外からひとが『早期癌に成ったらONするようにしなさい!』と言ったからONにする訳でわありません。

このようなメカニズムが判っていますと、感度を上げて、殆どブレが無ければ、超早期、超々早期でも癌が居るなと推理出来る訳です。

日本には、世界に先駆けて、最先端の技術がありますので、超早期、超々早期で見つけ出し、得意の基本免疫で先ずやっつけ、囲い込みでやっつけ、血栓塞栓療法でやっつける事が出来ることになります。

正常値の上限を100としますと、0~39: 真の正常値、40~59: グレーゾーン

 

 

 

サプリメントを医療で使用・販売出来るように成ってました。

素晴らしい事です。

ご存知のように、細胞の生命維持装置は、B1、グルタチオン、セレニウム(元気スター:特許第5 7 4 9 4 2 6号)で動かすことが出来ます。 ミトコンドリアは、B1、B2, B6, B12で動かすことが出来ます。 基本免疫療法が、1983年以前の如く、自由に処方できることに成ったのです。